技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
1月5日は、出張でウォーミングアップしたとは言え、今年も明日から本格始動です。長い休みに、よく寝ましたし、ボーッとしてました。
仕事はじめだからという訳ではありませんが、無神論者であるはずの私の言霊信仰を証明する「ジンクスシャーペン」を紹介しておきます。

昔、技術士の一次試験を受けた時、近畿大学で受験したのですが、電車を降りて、筆記具を持ってくるのを忘れたのに気付きました。あわてて、文具屋さんを探したのですが、休日のせいかほとんど開いていなくて、やっと見つけたちいさな雑貨屋さんで、シャープペンシルを買いました。何故か?信じられないことに、写真のようなシャープペンシルしか無くて、、またまた、今考えると信じられないことですが、これ一本だけで消しゴムも買わずに試験に臨みました。たまたま、というか今でもですが、とてもビンボーだったのです。

ジンクスシャーペン

画像をクリックして頂くと、拡大しますが、しかし、古風というか、お嬢ちゃんというか、1970年代っぽいシャーペンでしょ!不思議でしょ、その時、ホントこれしかなかったんですよ。。どう見てもデッドストックでしょ!
ペンの消しゴム

ですから、キャップを取った時の消しゴムのすり減った部分は、技術士一次試験の答案で使ったものです。実は、ずいぶん昔の頃なので、建設部門でしたが、択一+2問の選択記述がありました。
・ロックボルトの作用効果について
・都市計画における建築物の規制の方法について
の2題を解答したのを覚えています。科目で言うとトンネルと都市計画ですね、こういう解答を選択した人って少ないのじゃないかって思います。このころから、色々かじっていたのですが、それから社内で間接部門に行くことになって、さらにGISだの情報ビジネスだのというような訳で、17年の二次試験を受けるまで十年以上フラフラしていたことになります。
とはいえ、かろうじてこの間にRCCM-都市計画及び地方計画や土木施行管理士など取得させて頂いていますから、受験しなかった理由は多分別なのです。(この話は、またいつかしたいと思います。技術士を、目指すうえで、多分、重要なことです。)
ちなみにこの一次試験はこのときの受験が最初でしたが、これで合格させて頂いています。

つまり、私にとって、資格試験合格のお守りのようなもので、試験の際にはずっと持参しています。17年の技術士-都市及び地方計画もこれで合格でした。今年は、技術士-総監とRCCM-建設環境を合格すればさらにありがたいことになるシャーペンです。
何とか合格していますように、、っと

※ちなみに、いくらジンクスシャーペンでも技術士二次試験の論文は、これでは書けません。多分手がボロボロになって、最後まで持たないです。筆箱の隅に入れているだけです。

明日から、シャッキっとがんばろう!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/87-8ce4dbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック