技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の勘では


●実は、総監の口答試験の準備で自分の経験に監理技術を照らして考えているうちに、この総合監理技術というものは、実は奥の深いものではないかという気がしていました。
口頭試験では、青本のキーワードも有効ではあるのでしょうけれど、設問に対して、単なる事実を応えるのではなく、どのように考えてどういう対処をしたのか、という意味で、なるほどと思える部分を明確に伝えなければ得点にはならないと思います。
私にとっては、この口答試験の準備は、自分にとっての監理技術の様々なパターンを再確認する場にもなった訳です。

そのうえで、

●総監技術の本質は、青本には無いのかもしれません。敢えて、言うと技術士ハンドブックでさえ同様です。つまり、自分の経歴が、いかに監理技術として適切であったかを確認する試験であろうと思うのです。試験勉強よりも日常の仕事の取り組みの中で監理技術の使い方を実践的に成長させなければ難しいような試験になってゆくように思います。


(13から15年は、択一も論文も明らかに問題は平易で、準備など必要無かったかもしれません。しかしながら、ことに16年・17年・18年と問題は間違いなく難化し続けており、19年以降は、試験時間も延びるため、さらに厳しくなると思って差し支えないと思います。

但し、総監は択一も残っているので、試験運営費用において経済性のバランスに大きな変化は少なく、筆記合格者を今まで以上に出すことは試験費用の観点で無理だと思われます。ということは、筆記の合格率は20パーセントくらい。口頭の合格率は、他の部門に影響されて、70から80パーセントくらいまでに下がるような気がします。)



●私自身が択一の成績が悪かったから言う訳ではありませんが、択一は半分くらい出来れば合格水準だと思います。試験官でさえ、青本に記載の技術について、部分的によくご存知の内容もあると思いますが、全般にというと、必ずしも詳しくないのが普通なのではないでしょうか。単純なキーワード試験と言ってよい択一の成績などで技術士として可否の評価をされるはずが無く、実際に技術の使い方という意味での監理スキルが試されるはずです。やはり、各人の経験に照らして、監理技術を検証的に再構築するのがこの資格の目指す方向ではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
記事とは無関係なのですが2006年も最終日なので、ご挨拶に伺いました。

総監受験等々、お疲れ様でした。そして、お世話になりました。

結果を出せる人とそうでない人(自分)の違いが若干分かった気がした一年でした。

とはいえ、得られるものは資格ばかりではなく、目に見えない何かであったりもするので、たゆまぬ努力を続ける力を来年も持ち続けたいと誓う今日この頃です。

来年も宜しくお願いします。
実り多き一年になりますよう!!
2006/12/31(日) 03:20 | URL | hello! #JnoDGgPo[ 編集]
実は、仕事納めの翌日から心ならずも雪山に閉じ込められており、
宿では、久々に読書三昧・温泉三昧というか
食事もオール宿の飯で
それ以外は、散歩も出来ず、コンビニすらない缶詰状態でした。

還りは往きよりひどく、タイヤチェーンをズタズタにブチ切って車も傷だらけで
先ほどやっと生還したところです。

ただ単に、嫁が予約した宿がいわゆる最終集落的なところに位置し
急な大雪に見舞われた訳で
キャンセルをしても、他に行くところが無いので
敢えて、中古セドリックにノーマルタイヤで、雪山に突っ込んだという次第です。

チェーンがおしゃかになって、車の修理代も嵩んで
崖から墜落しなかったのが救いで
なんとも健やかとは言い難い年末になってしまいました。
今日はこれから、どんべえで年越しです。

ということで、このブログも久々です。

前置きが長くて恐縮です。

こちらこそ、試験のことも、その他諸々、おつきあい頂き本当に有難いことです。
私のブログは当面試験ばかりの話題で、おもしろくないと自分で書いたとおりですが
hello!さんのように、常日頃、幅広く文化的に展開されている方の余裕というか、力を見習いたいと思っています。
現実は、やはり全く余裕が無く、実はこの正月も仕事を抱えています。

まあ、私は結果を出せるタイプということではなく、たまたま資格試験にひっかかったということです。
これは、結果ではありません。
その証拠に、私は典型的な「ワーキング プーア」ですから、、

なかなか答えにならない毎日ですが、
(最近、ディープ インパクトの引退が話題になりましたが。)
新年は、改めて襟を正して、ディープ インパクトなプランニングを心がけたいものです。

来年もよろしくお願いします。
hello!さんのチャレンジに御多幸を祈念いたします。
2006/12/31(日) 19:09 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちんさま

年末は大変だったようですね。
よくぞご無事で生還なさいました。安心しました。

どんべえで年越しはちょっと寂しいですが・・・。

私の生活に「余裕」なんて。お恥ずかしい限りです。興味の範囲を広げたい、仕事ばかりじゃ・自分自分じゃダメだよな、とは思っていますが。

大概、妻や友人等の影響です。内発的なものかどうか、疑わしいところです。

私は、「軸」ですとか「核」が定まっていないのがどうやら弱点のようなので、短期的には解決しないですが、弱点を弱点と認めて克服に努めたいと思っています。

という訳で、今年もよろしくお願いします。

最新記事の「平和を殺してはならない」は重いですね。。。考えさせられました。
2007/01/01(月) 23:01 | URL | hello! #JnoDGgPo[ 編集]
「軸」に「核」ですか
そうですね、私も、どちらかと言うとフラフラしていましたので
弱いですね、そういうの

そろそろ、しっかりっ て、思っています。

内発するものに背を向けない。面倒くさがらない。信頼を大事にしながらも、目先に捉われ過ぎない。
少しずつですが、そういう風に、もう一度、社会性の中で自分を見つけ出してゆくことに、こだわりたいと思っています。

お互い、ボチボチやりましょう。

ということで、今年も何卒、よろしくお願いいたします。
2007/01/02(火) 22:31 | URL | mataihena #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/82-78064248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。