技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それはそうと
APECエンジニア申請は、何とか11月末に申し込みました。

英語の翻訳に手間取っていました。
この過程で、自分の技術文章がいかに専門バカになっているかを感じました。外国でも理解出来る言葉で表現することが難しいのです。

ということは、つまり、日本でも、私の文章は一般の人には、とても分かりにくい可能性があるということです。

実は、大いに反省しています。
私の試験論文も、怪しいものです。

しかし、こういう翻訳作業を続けていると、何となく英語で仕事をすることに興味が湧いてきます。当社もジャイカの案件はやっているはずですが、、、
日本の技術士が活躍できるフィールドについて、今後の展望も含めて考えてみたいと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/75-9bd53b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。