技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
学校のいじめ問題について
私見を少し、、、、、
いろいろな対策が取りざたされている。が、ずれている。
もともと
いじめという行為が、いかに卑劣で、人間として恥ずかしい行為であるか
揚げ足を取り、攻めることが、いかに卑怯なことか
人間として。絶対に、いかんのだ。
親と教師、そして社会は、命を懸けて卑怯を許さない。
そういう教育をしなければならないのだ。

否、それが、当たり前なのだ!
そういう社会を取り戻さねばならない。
正義を尊重する世の中にならねばならない。
アメリカの資本主義などに追随するな!
銀行の社会貢献は、充分分かるが、
銀行マンは、おごそかに生きろ!

悪の現況は、レベルの低いくだらんジャーナリズムと程度の低いテレビ番組である。
世の中を斜に見るような、あるいは茶化すような文化とヒーローの存在を、私は絶対に許さない。

しかし、正義のために良いテレビ番組もある。

「ごくせん」
「女王の教室」
「チャングムの誓い」
「北の国から」
「俺達の旅」

などである。

ビデオで見れるので皆さん、この正月などにでも、津々浦々御覧頂きたいものである。 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/02(土) 02:59 | | #[ 編集]
いよいよですね、がんばってください。

私は、最近の政治やメディアの無責任ぶりに、ほとほとあきれています。

子供というものは、本来、残酷な生き物です。
放っておくと身障者をさえ、いじめます。
ガツンと教えてやらんといかんのです。

貧富の格差
リストラや非正規雇用の台頭
郵政民営化にからむ刺客騒動
そして土下座復党
これらの局面で用いられている手法はいじめそのものです。
こういう環境が
「残酷な子供達」に大きな影響を与えているのは自明です。

政治とメディアの責任は極めて重い。
2006/12/02(土) 11:14 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/05(火) 00:49 | | #[ 編集]
村落制民主主義の崩壊
GHQに与えられた立派な民主主義
その成果たる平等感の崩壊
都合の良い選択の結果は、大規模な貧民の出現

やはり、民主主義は与えられるものではありません

地域づくりの民主化はこれからでしょう!
2006/12/06(水) 22:53 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/08(金) 01:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/73-f8be5d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック