技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〇風邪薬を飲んで、ブラブラとネットサーフしていると、やっと熱も冷めてきたようです。
〇九州人さんのブログ(先のコメント欄参照)や町役場職員さんのブログ(先のトラックバック参照)など、たくさんの技術士関係のページを見ていくと、この景気の悪い中で皆さんがんばられているなあと改めて感心しました。

(弊社ではリストラの嵐が吹き荒れそうです!、中でも、かせぎの悪い都市計画屋は肩身が狭く、資格の取得も死活問題です。資格を取ったからと言って何の保障もありませんが、、私も、実は相当危なかったのですが、今年度あたりから市町村合併のマスタープラン需要でなんとか持ち直しています。この期に及んでは、いきなり技術士を山ほど取り続けるとか、大学の非常勤講師になるとか、自治体の都市計画審議会の委員になるとか、大学の先生と本を書くとか、社会人大学院に行ってMBAを取るとか、そういう意義の疑わしいアクロバティングなことでもしないと、先行き危ないかもしれません。倫理的にヒンシュクに近いことを書いていますが、現実は厳しいのです。アア、ばかばかしいことで、、地域づくりの本質と何の関係も無いことを書いています。。)

〇ブログなどを拝見していても、現実に複数の部門の技術士を取得されている方も多く、大変な時代だなあと思います。確かに、国土交通省や環境省のプロポーザルでは、プランニングの仕事であっても、「都市及び地方計画」よりも、「道路」や「河川砂防及び海岸」・「環境部門の自然環境保全」などを求められる場合が多いのが実情です。ひとつでは足らないし、出来れば総監がベストのようです。くだらん現実です。


〇ともあれ、病み上がりの、明日からの激務が予想されます。もう寝ます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/7-bbe4f3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。