技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
最近、目の前の仕事に振り回されていて
そんな日々
そうして頼ってくれる仲間がいて、振り回されて有難いです。

何故か風邪をひいちゃいました。
土日から鼻水が出て、のどが痛くて
って、、あーしんどですが、
そうも言ってられせんが、ぼちぼち
ごめんなさいと言いながらでも、、、やります。

私と同じところで生きる、例えば、貴方に
こんなでも、なんとかやっていると
伝えたい。

私は、私が偉そうに言うつもりは無く、そういうことでは無く
必ず希望を持って生きよう!生きよう!

ブログをやっていて、こういう突発的コメントもあります。

自分を大切に、体を大切に
今のそれぞれのさまざまな機会に、敢えて、敢えてであっても感謝して、

超えてゆくのだ!


まだまだ、幸せになれる。  まだまだ、はは、って!

試験とは、、かけ離れたコメントですが
私は、ぼちぼちです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/27(水) 02:14 | | #[ 編集]
このような
ブログにようこそ、、です。
実は、若干お恥ずかしいです。
誠に勝手な言い分ですが、貴方の、元気さを確かめたくって、お誘いしたのです。
元気かな?とか思っていて、、、
さっそく、おいで頂き、とても嬉しい気分です。
また、私もおじゃましますね。
今後とも、よろしくお願いします。

2006/09/28(木) 00:19 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/30(土) 00:53 | | #[ 編集]
実は私の場合は、胆嚢の手術も含めて、ほぼ1年検査漬けでした。このブログの主題となる2005年の技術士試験2ヶ月前まで病床でフラフラしていました。

骨髄腫も検査しました。腎盂尿管癌も検査しました。アミロイドーシスも白血病も、、もっと他の血液の病気も、そうして、実際に、そのような病気の方々と、病棟をともにしました。ですから、軽率な言い方は出来ません。そういう疾病がどうと、言えません。しかし、この病気は、幅広くそういう症状を示す特徴があります。他の病気と疑われながらそうでない。あるいは、そのほうが良いと考えたりもします。

しかし、いかに大変でも生きてゆくという事実からすると、いずれ自分の超え方で超えてゆかねばなりません。

仮に入院に際して、
医者の言うことはしっかりと聞きながらも、自分の未来に執着しなければなりません。自分の症状は自分が一番知っています。全て気になることは医者に伝えるべきです。医療そのものはもちろんとして、患者が幸せに生活してゆくことに、充全な配慮を払うことが正しい医療です。ですから、遠慮なく自分の生活や生き方も含めて症状を伝えなければなりません。そうして、医者とも出来るだけ信頼感を築き、精一杯生きることで応える。
ですから、必ず、嬉しいことをいっぱい描きながら、超えてゆくことです。

いきなり、話は変わります。
確かに、おっしゃるように、自分のブログでは、自分のコメントで非公開は出来ません。私も、そういえば、そうです。私のブログには、実は、こ○○さん以外にも、何人か非公開コメントの常連さんがいらっしゃいます。そういう方々は、自分のブログを持っていらして、ほんの時々私も訪問させて頂いています。しかし、お互いというより、その方々は、私のブログでスッキリ内緒話をされていかれます。私は、僭越ですがそういう方々の気持ちが良く受け取れるような気がしており、嬉しく思っています。
同じところに居る私たちにとっては、こ○○さんは、ベストなコーディネイターで、真似はできません。貴重なブログをされていると思います。とても感謝しています。
まあ、めんどくさくもなるかもですが、そこは、ぼちぼちで、、
私もまた訪問します。どうぞ、私の日記の内容にかかわらず、これからも、息抜きでも愚痴でも、いつでも、おいでください。

御多幸を祈念いたしております。
2006/09/30(土) 23:50 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/56-e69be01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック