技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごくろうさまでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
河川科目の口頭試験に望むにあたり、このブログに出会いました。
私も専門が「川まちづくり」系であり、そして5年前も口頭試験に落ちた者です。
6年前にブログで書かれていた「河川環境という極めて建設環境あるいは環境部門的な切り口で河川を受けるのは筋違いだったということです。」「かわまちづくりと連なる現在の河川環境のメジャー領域をアピールすればするほど、河川技術の体系の傍流末端ばかりになってしまうということで、認めにくいということだろう」というご意見に、以前の不合格のことを思い出してしまいました。試験官はまったく目も合わしてもくれずに口頭試験を終えました。
今年、再チャレンジの切符を得ましたが、ブログのご意見を見て、また同じ結果を招くだけでないかという恐怖心を持ちました。
なにか今年の口頭試験に対して、河川環境、川まちづくり組へのアドバイスがいただけましたら、よろしくお願いします。
2017/11/01(水) 13:55 | URL | 口頭試験挑戦者 #GCA3nAmE[ 編集]
川まちづくりですか
確かに、微妙ですね

しかしながら、川まちづくりの基本は、防災ですよね
河川環境というのは、自然の営為を学び川とより良くつきあうということであり、実は、その圧倒的な破壊力など怖さも含めて学ばなければならないということだろうと思います。

そのためには、流況把握や課題対応の検討手法を分かっている必要があります。自分で、ハード本流に全て関わる必要はありませんが、それを知り特化した専門技術者もコーディネイトしながら川まちづくりにあたらねばなりません。

そういう姿勢を、アピールなされば良いように思います。
2017/11/02(木) 01:49 | URL | らくちん技術士 #sSHoJftA[ 編集]
実際、川まちづくりだけをしているのではなかったのですが、そればかりアピールしていたと思います。経歴で本流を交えつつ、川まちづくりに力を入れている、というプレゼンをしようと、アドバイスを伺って考えました。ありがとうございます。
2017/11/02(木) 08:12 | URL | 口頭試験挑戦者 #GCA3nAmE[ 編集]
河川砂防の口頭試験に向けて、ブログの記載内容やレスポンスでのアドバイスを頂き、今回無事、専門事項として「川まちづくり」で合格することができました。ご指導、本当にありがとうございます。
7年前に口頭試験で撃沈し、今回合格できて思ったことは、河川の捉え方にも大きく変化があったと思います。私も管理者様も、かつて河川の専門の中に川まちづくりや河川環境の価値を認めてもらえないことに大きく戸惑うことになりましたが、今回は逆にそちらの方を強く求められた気がします。もちろん試験官次第ということでもありますが、そういう試験官もいるということは私達にとっても大きな朗報になることだと思います。
私自身、これからも研鑽を続けたいと思いますので、これからも管理人様の情報発信楽しみにしております。
取り急ぎ御礼まで
2018/03/09(金) 06:39 | URL | ミヤガワ #GCA3nAmE[ 編集]
ミヤガワ様
合格、おめでとうございます!!

良かったですね。
私の中途半端なアドバイスは、良かったのかどうか?ですが
ひとえにミヤガワ様の真摯な姿勢の賜物であり、出るべき結果が出たということだと思います。

かわまちづくりの技術士は、たぶんわが国初ではないかという気がします。
もともと、文明の発祥は、氾濫原です。
かわまちづくりこそが私たちのルーツとも言えます。
成長の限界を超えて、再び、ヒトの豊かな生き方を考えるとき、かわまちづくりは、本質であり無限であろうと思います。

大いに期待しています。

2018/03/12(月) 13:12 | URL | らくちん技術士 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。