技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
前の記事で建設一般対策を書いてしまった手前、本当に簡単に準備出来るかどうか書いてみました。これで合格の保証は無いです。が、「安全安心の課題はソフトが重要になってきている」という今の状況を認識していること自体が重要で、得点は得やすいと思います。下は、まだ文章の推敲はしていませんが、洗練させれば、そこそこの得点をもらえるのではないかと思います。

主旨はまねて頂いて結構ですが、そっくり真似するのはやめてくださいね、よろしくお願いします。


(参考論文の説明)
安全安心云々という問題が出たらという仮定で
国土交通省の「安全・安心のためのソフト対策推進大綱」を使うことを前提に作ってみました。

1.で、今ソフトがクローズアップされる背景を、そこそこに書き込んで論文の主旨を明確にしたつもりです。

2.の中身の紹介は、ここでは省略しましたが、1.でそこそこの文字数になるので、国土交通省の「安全・安心のためのソフト対策推進大綱」を理解して、それぞれの項目で簡単に自分の言葉で2から3行ずつくらい特徴を書けば埋まると思います。
ただ、国土交通省そのままでないということで、④その他高まる課題(・国民保護対策へのアプローチ・防犯対策へのアプローチ)という項を付け加えて解説しました。

3.は、おきまりの文言です。あまりページが余りませんでしたので短いです。



■■以下、参考論文です。■■

1.はじめに
(災害脅威の高まりとハード対策の立ち遅れ)
 南海・東南海地震をはじめとして、自然災害への脅威が高まっている。さらに、近年の集中豪雨・津波高潮などが各地に深刻な被害を生じており、市街地部の延焼・浸水や森林の荒廃による土砂流出など波及的な被害も含めて懸念が高まっている。
 これらの災害に対する備えは、社会資本整備の基本であり、連綿とすすめられてきたものの、急激な都市への人口集中や植林による森林の土壌の変化など、甚大な力でおそいかかる自然災害への備えは、多くの面で立ち遅れていると言わざるを得ない。また、森林の強化や内外水対策などには甚大な財源が求められるとともに、各種の土地利用権益等が進展した現在では、公共施設の強化や密集市街地の改善など早急な対策すすめることは容易ではない。

(緊急的かつ優先的施策の推進)
 災害への脅威が高まる中で、各種のハード対策を効果的かつ着実に推進することが求められるが、例えば建物の耐震改修など手をつけやすく効果の高い施策から優先的な推進を図っていかなければならない。また、今春、国土交通省から「安全・安心のためのソフト対策推進大綱」としても示されたが、ハード施策を着実にすすめつつ、災害を最低限度に抑えるための方策として、応急対応のための広報などソフト領域の取り組みを、いっそう強化することが極めて重要となる。

2.安全・安心な地域づくりの推進に向けて(中略)
 高まる災害の脅威を背景としながら、安全・安心な地域づくりを推進するための緊急かつ重要な推進課題となるソフト領域の防災対策について論述する。
①災害時および平常時における広報等ソフト対策の改善
・改善1
・改善2
・改善3
・その他改善事項(改善4・5を併せて論述)
②応急その他防災業務の継続的な取り組み(BCP)
・あらたな領域としてのBCP
・取組み領域(1,2,3,4)
③自主・共助・公助による地域防災力の強化
・水防および地震防災
・その他広域体制など
④その他高まる課題
・国民保護対策へのアプローチ
・防犯対策へのアプローチ

3.おわりに
建設コンサルタントの一員として、人命にも関わる防災技術については、当然ながら、緊急時の応急対応も含めてハード・ソフト双方において最大限の貢献を目指すべきと考えている。また、特にソフト対策面では、官民協働の中で新たなマネージメント能力が求められる領域であり、コンサルタントとして、今後もさらなる研鑽を重ね、積極的に取り組む所存である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ソフトという視点はどうなのでしょうか?
「社会資本整備のあり方」という設問では、的外れにはならないのでしょうか。
ソフト面の対策については「はじめに」もしくは、「おわりに」に触れる程度が、無難だと思っているのですが。
2006/07/02(日) 21:41 | URL | ??? #-[ 編集]
今年もいよいよですね。
2006/07/06(木) 01:41 | URL | hello! #.NKcjBRQ[ 編集]
先ほど帰宅し、受験票を確認しました。そろそろ、直前ですね。
今年は、みっちり仕事の予定が続いていますが、試験が終わるまでは、常に試験のことを考えることにします。
2006/07/07(金) 01:19 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
おっしゃるとおりかもしれません。
が、
私は、
防災に関してハードの限界を常に意識しなければならないだろうと思っています。
ソフトは、パーフェクトな答えを提供しないけれど、ますます重要なファクターになってきているようにも思っています。
2006/07/07(金) 01:25 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/39-cbad205d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック