技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受験しないと決めると、傍観者の立場になったようで、なんだかブログを書きにくくなっていました。
受験者であった時は、適当なことをいくらでも書けたのですが、なんだか、他人事と言うか空々しいというか
技術士というタイトルのブログを続けていることすら申し訳ない気がして
結局、長らくブログをさぼっていました。

今日は、暑い日になりそうです。
もう、建設一般の試験が始まっている時間です。この6年間、この時刻には必死で試験場の机に向かっていました。

しかし、受験しないとなると、そういうことが嘘のように自分と関係のない事になってきます。
逆に、仕事に追われて大変です。
今日は、現場に行ってきます。
カメラ・双眼鏡・図鑑・ネット・参考資料などつめこんで、、帽子もいるかな

ちょうど、試験が終わる頃には、調査も終わるかな
今年は、まともに盆休みが取れそうにありません。

少し、試験のことですが
やはり、震災関連は必須でしょうか
単なる復興では無く、強力なインパクトをどのような平衡に導くか

阪神淡路大震災の時も、成長から成熟への変換点になりました。
東日本大震災は、我々自然科学の技術者にとって、垂直的な専門技術から横断方向の問題解決技術への飛躍的な転換の象徴となる可能性があります。

技術士的に言うと、(我田引水のつもりはありませんが)「複数部門・科目技術士でも足りない」時代に入ったということにもなります。
まあ、傍観的に薄っぺらくほざくのは良くない。この辺にしておきます。

受験者の皆様の健闘をお祈りしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
今年、はじめての技術士2次試験を受験する竹内と申します。
忙しいを理由にして、ずっと勉強をサボっているうちに建設部門の二次試験を明日に迎えてしまい、今頃あせってあちこちネットで対策関連の記事や関係のありそうな記事の収集をしているという、恥ずかしい現状にあります。
仕事の方も日々、砂防基礎調査の役所対応に追われて、もうけは少ない・学びも少ないという愚痴を先輩と投げ合っているような状態でぱっとしません。

今年の受験はすでにあきらめモードに入っていたのですが、こちらの記事を読ませていただいて、改めて、受験する理由を思い出し、今年はあがくだけあがいてやろう、だめでも来年こそ合格してやろうという気になりました。
ありがとうございます。

ほんの数日ですが、元請けさんのチームに随って東北の現場に立たせていただいたとき(ほぼ全く役に立ちませんでしたが)、その後、個人的に同じ場所に出かけてみてきたとき(震災関連の仕事を受けて経験が積みたいと個人的には思っているのですが、僕にはネットワークがなく、会社はその方針では動いていませんので、現在はプライベートでの見学しかしていません)、人の生活圏を災害から守るためにこの仕事をしていることに誇りを持とう、今回は手も足も出なかったが次はないようにする手伝いがしたいと思った自分を、思った方へ導くため、とりあえず、身分証として技術士の免状を撮ってやろうと思います。
現場でガンガン活躍されている著者さんからすれば、のんきな話でしょうが、自分はまだこのレベルなので、一歩一歩頑張ろうと思います。
過去に書かれた記事も今後参考にさせていただこうと思います。
いろいろ書いていただいてありがとうございます。
(長々失礼しました)
2013/08/04(日) 00:20 | URL | 竹内 #-[ 編集]
おっしゃるとおり、諦めるのが一番もったいないことです。

人生、とにかくあがいて踏ん張れば、必ず道が開けるとか言いませんが、あがかないより、ずっとマシな人生になることは断言できます。

良い結果をお祈りいたします。
2013/08/05(月) 13:49 | URL | らくちん技術士 #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。