技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、オークションで落としたプログラム電卓の入金のため銀行振り込みをしました。

5,250円で落札したのですが、送料はEXPACKというので500円らしいです。
5,750円で、6,000円までに収まると思っていたのですが、振り込み手数料が600円だそうです。
合計6,350円です。

なんだか高くなってしまいました。

しかし、送料よりも振り込み手数料が高いというのは、どうも腑に落ちません。

そこで、無意味ではありましたが、銀行員に何故手数料が600円もするのか聞いて見ました。
すると、そう決まっているから600円ということで、5,750円を20年預けた利子より高いそうです。
嫌なら使うなということでした。

ちなみに、子供手当のことを聞いて見ました。
「あれって、膨大な手数料が入りますよねっ?」て聞くと、その行員は思わずにんまりして「膨大ですよ!すごいもんです。」というレスポンスです。

私「税金でとって、配ってるから二重に手数料が掛かるんですね」→「そのとおりです。1人ずつから頂いて、1軒ずつに配分することになります。手数料は単価が低くて件数が多いほど儲かるんです」
私「子供手当の代わりに、子供の居る家庭の減税にすりゃいいのに」→「ほんとですねえ」といいながらニコニコしてるその行員の顔を見ているとバカバカしくなってきました。

こども手当の大半は、そのまま学資保険にでも横流しになるのでしょう。
結局、銀行の「不労所得」を増やすだけですね。
大阪市では、20人に1人が生活保護受給者で、増加傾向に歯止めがかからないというのに・・
この国は、いったいどないなっとんねん!


なかなか答えにならない毎日です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。