技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
さて、タカサゴユリの状態は、
苗床をつくってやりました。(狭苦しくて恐縮です。※ちなみに、手前の苗床の左手前の大きな丸い石は、木曽川の礫河原で拾ったものです。これは花崗岩できれいに丸く削られています。川底までずっとこういう石です。当然水もきれいです。さすがに木曽川です。)

けっこうたくさん芽が出てきました。


タカサゴユリの種は風で飛びやすいように薄くて軽いものですが、
1.まず、しょぼしょぼと根になる部分が出てきます。
2.そして、その根が土に付着して、種との間の茎が伸びます。
3.茎の先は種に繋がっていますのでお辞儀をしたままのような感じで上に伸びます。
4.そして、ころ合いで種が落ちて芽が持ち上がります。
下の写真は、種が落ちたところの様子です。
土をあまりかぶっていない種は、しばらく種をつけたまま持ち上がります。


この連中が皆、育つと大変なことになります。しかも、今年は花が咲かない可能性が高いので・・どうなることか、、
ボチボチ御報告します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する