技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(河川の出題傾向を整理してみました)
「河川、砂防及び海岸・海洋」では、Aグループ・Bグループに分かれており、各々複数の出題がなされ、各1題を選択することになります。
特に、Aグループは、河川系から必ず出題されていますので、河川がこの科目の基本技術であると考えられているようです。
そして、河川に係る出題傾向を、「河川管理・治水と環境・防災・河川環境」の4つのテーマで括ってみると、次のようになります。

■河川管理
・ストック活用(19A)・データ活用(18A)・河川管理(16A)
・堤防強化(16B)・河道改修(19B)

■治水と環境
・土砂管理(20A)(15A)・水辺の公益(18A)・水循環(17A)・合意形成(17A)
・自然環境への配慮(15B)

■治水(防災)
・減災(20A)・地球温暖化(19A)・災害時情報提供(16A)
・中小河川の防災(20B)・護岸被災(19B)・内水対策(18B)都市水害(15B)

■河川環境
・地域づくり(15A)
・河道内樹林化(20B)・多自然型川づくり(18B)(16B)・低水管理(17B)・環境保全(17B)


(河川の出題の特徴は)
端的に言うと、次のようなことであろうと思われます。
・設計など固有の技術を掘り下げるような問い方では無く、基本的な認識を問う傾向が強い。
・河川をとりまく時流の課題がテーマになっている。
・正解の幅が広い反面、自身の見識や専門性、経験など論理の裏打ちが重要となる。

(時流のテーマについて)
国土交通省の動きを調べてみました。

まず、21年度の予算を見てみると、いきなり試験の答えのような構成です。
おまけに参考資料までついていますので、説得材料も揃っています。

((河川局予算))
http://www.mlit.go.jp/river/basic_info/yosan/gaiyou/yosan/h21.html

(1) 地球温暖化への対応 ~地球環境と共生する社会資本づくり~
地球温暖化への対応のため、適応策と緩和策の両輪により、地球環境と共生する社会資本づくりを実施し、国民が安全・安心を実感できる社会を目指す。
【適応策の推進】
○水災害リスク評価と適応策のロードマップの策定
○気候変化等に対する危機管理対応の強化
○気候変化への緊急対策
【緩和策の推進】
○水力発電の促進
○低炭素型工事への転換

(2) 増大する災害リスクへの対応 ~「犠牲者ゼロ」対策の推進~
大規模地震や火山噴火に伴う土砂災害、大河川の氾濫等の災害発生時に迅速な緊急対応を実施するため、危機管理体制の充実・強化等を図るとともに、事前・事後対策の充実を図り、「犠牲者ゼロ」を目指す。
○TEC-FORCEの充実・強化
○河道閉塞(天然ダム)災害等に対する危機管理体制の強化
○特定緊急砂防事業費(直轄)の創設
○中山間地域における地域防災力の強化

(3) 河川や流域が有する多様な機能の発揮
地域の景観、歴史・文化という「資源」や地域の創意としての「知恵」を活かし、地方公共団体や地元住民との連携の下で立案された実現性の高い河川や水辺の整備・保全計画に対し、重点的に支援する。
○にぎわいのある河畔空間の創出 ~かわまちづくり支援制度の創設~
○美しい水辺の創出 ~海岸漂着ゴミ対策の充実~
○自然の営力を利用した水質改善の推進

(4) 真に必要な施策・事業への重点化・効率化
限られた予算の中、戦略的に水害・土砂災害対策を展開するため、真に必要な施
策・事業に重点化・効率化を図る。
○補助河川事業の予算費目再編による目的の明確化・重点化
○都道府県管理河川における河川管理の水準の確保
○直轄河川管理施設等の修繕的経費への起債・交付税措置等
○河川環境整備事業による支援分野の重点化
○沖ノ鳥島の管理・保全の充実と利活用策の検討
○天竜川ダム再編事業の建設事業、木屋川ダム再開発事業の実施計画調査、山形
県月山地区における直轄地すべり対策事業の新規着手等

(参考資料)
1.気候変化と災害リスクの増大
2.河川行政を取り巻く我が国の状況
3.平成20 年に発生した災害の状況
4.水災害分野における地球温暖化に伴う気候変化への適応策のあり方
5.ユビキタス情報社会における次世代の河川管理のあり方
6.中長期的な展望に立った土砂災害対策に関する提言
7.新たな海洋立国の実現に向けた取り組み
8.高波災害対策検討委員会(中間取りまとめ)
9.豪雨災害対策緊急アクションプランの実施状況
10.国土交通省政策評価基本計画に基づく政策目標毎の予算
11.直轄・補助別事業費・国費総括表


(20年度の政策の動きをなぞると)
次のような、ことがトピックであり、21年度の予算とほぼ重なってくるのが分かります。

((河川管理))
・「ユビキタス情報社会における次世代の河川管理のあり方」(提言) 平成20年8月
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000087.html
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/y2008ef9758f33afb528e4a0585e993c840074e49ec471.html

((治水・防災))

・「大規模自然災害時の初動対応における装備・システムのあり方検討委員会」

・「中小河川における局地的豪雨対策WG報告書」及び「中小河川における水難事故防止策検討WG報告書」
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/y2009e042c91a27d734f52f602c717691029e5c45a16d2.html

・「渓流における局地的豪雨に対する警戒避難対策に関する提言」
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000141.html

・「急な増水による河川水難事故防止アクションプラン ~夏の水遊びの時期を迎えて~」
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/05/050703_2_.html

((河川環境))

・地域と連携した川づくり「かわまちづくり支援制度(平成21年度創設)」
http://www6.river.go.jp/riverhp_viewer/entry/resource/y2009e4b4498faae07fc916d1d14a5c832629811e44455/報道発表資料(別紙含む).pdf
http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000153.html
http://www.kasen.or.jp/katsudoujirei/

・「河川環境の整備・保全に関する政策レビュー」
http://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/integrity-review/04/
http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/kasen/gaiyou/panf/gaiyou2007/index.html

★とりあえず、勉強用のコメントを書き込んだつもりです。
実は、まだ「本読み」を続けていて、まだ試験対策に入れていません。
そろそろ、少し、フォーカスを絞って取り組んでみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/22(月) 00:53 | | #[ 編集]
河川局の次世代河川管理のページって、どのページでしょう?
別科目では、多少そういうことをしていますが、河川では受験生です。
2009/08/02(日) 07:19 | URL | mataihenda #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。