技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総監とともに青本が登場しました。
青本が総監の基本書であることに変わりはありませんが、経済的事情か突貫作業の影響か不明ですが、断片知識の寄せ集めの観は免れません。
そこで、もう少しじっくり理解したくなることも少なくありません。
そんな時に便利なのがこの「技術士ハンドブック」です。
一応、座右の書として愛用させて頂いています。


但し、
・総監は個別管理では無いので、総合的な運用技術は御自身で編み出すべし
・個別管理技術は、青本よりもこの技術士ハンドブックよりも、もっと多様に身近にあるはずなので
借り物の管理技術に頼りすぎるのは、いかがなものかとは、思います。
・さらに、この技術士ハンドブックは非常に良くできた基本書ですが、例えば「環境編で、景観や公園など環境の創出面が欠落している」など、編集の体系に偏りが見られる部分が少なくありません。
・ということで、総監は幅広く奥深いものはずですが、答えはひとつではありません。やはり御自身の総監を構築することが重要と思われます。
・私も、今年、もう一度トライしてみようかと、少しずつ再読をはじめています。


技術士ハンドブック技術士ハンドブック
(2006/11)
日本技術士会プロジェクトチーム技術図書刊行会

商品詳細を見る
私は、どちらかと言うと総監対策のおともにお勧めします。
偏りもある書籍ですが、まずは座右の書にというところでしょうか、、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、らくちん技術士さん。コチタロと申します。
以前からブログの方、楽しく拝見させて頂いておりました。
また、私自身、12月に口頭試験を受験した身でありますので、らくちん技術士さんのブログから吸収させて頂いたものも大きかったと考えています。
さて、技術士ハンドブックのエントリーがありましたので、コメントさせて頂きます。
来年度、今年度の建設部門の合否は別として、総監を受験しようと思っています。
青本を購入し、過去問にチャレンジし始めたところです。
進めていくと、らくちん技術士さんがおっしゃるように、青本だけでは十分でないと感じます。
やっぱり「技術士ハンドブック」購入しなきゃなぁ~と思っていました。
購入を確定します!
ただ安価ではないので、、、。
まぁ、自己投資ですからね。
今後もちょくちょく立ち寄らせて頂きます。

追伸:当方もブログを開設しておりまして、宜しければリンクを貼らせて頂けないでしょうか?
2009/02/10(火) 09:04 | URL | コチタロ #-[ 編集]
ブログも見せて頂きました。
リンクはこちらこそお願いいたします。

総監は施工管理の方にとっては、重要なスキルになるのでしょうね。
具体的な管理技術を多々お持ちだと思います。

私も、今年は道路で総監をめざそうかと思っていますが、この年度末はなかなか忙しくて、いまひとつです。

今後ともよろしくお願いします。
2009/02/11(水) 22:22 | URL | mataihenda(らくちん技術士) #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。