技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
●明朝5時に技術士会のHPで、発表です。
・こうやって発表を確認するのは、4年目になりました。結果として、試験を受け続けることになってしまいましたが、正直なところ、疲れます。
・今回ダメなら、ショックで来年の再チャレンジは無いかも知れないと思う反面、「道路」は今後の仕事では不可欠なので、何としても取得しないといけないとも思います。

(※私の場合には、都市及び地方計画が基本にあり、道路では特に街路計画や交通計画が普通に包含されれいるので、「道路」も取ろうという認識です。
都市計画屋さんがやったほうが良いなあと思う仕事も、プロポーザルになると管理技術者の要件は「道路」となっている場合が少なからずあります。そういう仕事にも堂々と手を上げ、信頼されて仕事を担当するようになるというのが受験動機です。建設環境の取得動機も同様で、その意味では、来年は河川が狙い目という都合の良い理屈になります。今のところ、来年は、別の理由で農業部門を目標にしています。)


しかし、今年は流石に準備していた勉強が、一般から専門まで、全て3題とも外れて、その場の即興の論文になってしまいましたから、厳しいです。知識関係の細かい書き込みは、後日の確認で間違いの内容も含まれていたことも分かっています。流石にダメなような・・上の(※   )のようなことを言ってられるのも、後16時間くらいかな、、

●発表の夜は、
一応、目覚まし時計をセットして寝るのですが、なかなか熟睡は出来ず、3時くらいから何度も目覚まし時計を確認するような感じでしょうか。
技術士会のホームページは、5時直前から、急激にレスポンスが重たくなって、皆さんのアクセスが集中しているのが分かります。

もし、合格していたら、布団に戻っても覚醒してしまって、その一日は睡眠不足に陥ることでしょう。
だめなら、それはそれで、一日落ち込んでしまうでしょう。

明日はプロポヒアリングの予定も入っていますし、仕事も、緊迫状態に入ってきています。ボーッとしている暇は無いのですが、、
覚醒して睡眠不足になりたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する