技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログをサボり続けていると、もうすぐ、技術士筆記試験の合否発表の時期になっています。

(今年は、仕事が少なくて)
技術営業が中心の日々を送っています。
日常の提案営業・公募入札の監視と積算・プロポーザルへのチャレンジ、もちろん資格の取得も受注が目的です。
こういうことをバランス良くこなしていかないといけません。
しかし、公募案件がここまで増えると、仕込み営業も手間がかかって、めげそうになります。

ここ1ヶ月は、公募の仕事が、「ガンガン出ているような」気になってしまいます。
つまり、指名が激減し、公募が増えたので、公募案件を監視するようになって、発注が多いと勘違いしてしまいます。

(ところで、自治体の一般競争でも、技術士が必須になってきました)
最低価格が公開されている場合には抽選もあって、たくさんチャレンジしないと取れませんから
仕事の対応領域も広げないといけない。
複数科目の技術士取得の必要性がリアリティを持ってきます。
失格にならない限り、たたいてでも実績をつけることも怠れません。
プロポーザルもあくせくがんばらないと、、、
※最近は、都市計画・公園・景観・交通・河川環境・道路・環境・その他色々と、計画から設計まで何でもありというのが新鮮でもあります。

(一方で、給料は)
残業も辞退して、今後は基本給も、もっと下がるでしょう。
とにかく、しがみついてでもこの仕事を続けないといけない。

(というようなことで、いきなり話は変わりますが)
世間は、金融恐慌に突入してしまっているようです。
私も、前の会社の退職金を(半ば、強制的にですが)401Kで運用するようになってしまっていますが、貯蓄型でやっているので、理不尽に手数料は取られるものの、影響は今のところ微細です。今後インフレになると、紙くずのようになってしまうのでしょうか
クラッシュプログラムというのは?真相はいかがなものでしょう。

そういう日々、あわただしく筆記試験の発表を待っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。