技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
「過去問に対してキーワードと論文骨子が条件反射で出てくる」には、ほど遠いですが

とりあえず、技術士建設部門-道路対応のパ-フェクトノートなるものを作成しました。

つまり、過去問と検討結果・模範答案の添削版・参考図書のコピー
及び、建設一般は去年作成したノートをコピーして貼り付けて

専門と建設一般対策を1冊に集約しました。

私の勉強は、毎年ですが、切り貼りでートが出来れば、何となく満足してしまって
やや頭の中身に欠けます。

さて、これでがんばろう。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
らくちんさん

暑いですね~。お元気でしょうか?

最後の追い込みというか、何というか をやっておりますけど
絞り込んでも、最後の最後は、地力・底力みたいなものの勝負になるかと思ってみたり。
つまり、時代を捉えた本を読んだり、テーマを絞り込んで勉強したりパラレルに対策しております。

都市計画は、専門がABに分かれて、Aが抽象的で大きなテーマを取り扱うので、一般が二題あるような気がしてなりません。

想定した問題が出ずに、意外な新傾向の出題が出たらどうしようかという不安がどうしてもあります。

何か良いアドバイスでも頂けたら~なんて思ったのですが・・・。過去問は5~6年分は模範解答を作ったり、網羅したつもりなんですが。
2008/07/23(水) 17:00 | URL | P #-[ 編集]
昨年度から、応用力重視ですが、実際には、作問が中途半端で、
筆記合格者を出し過ぎて試験運営が大赤字になったようです。
そういう事情も勘案すると、
今年ぐらいから本格的にそうなるのではないでしょうか。

応用力重視とは?

多分、答えのない問題が出るということでは無いでしょうか。
都市計画の仕事では、そういうのは日常茶飯事ですから、

試験を楽しむつもりでいけばよろしいのではないでしょうか。

いいかげんな事をほざいてすみません。
あまりに暑くて、帰りにビールを飲んできたものですから、、、
悪しからず、
2008/07/23(水) 21:02 | URL | mataihenda(らくちん技術士) #sSHoJftA[ 編集]
らくちんさん

酔拳 ですか?(笑)
酔ってても、とても参考になります。試験を楽しむつもり・・・そこまで行けるかどうか?
ですが、勉強はしていて面白いです。苦しんだ一級建築士より余程こちらの方が自分には向いております。

応用力=底力 と解しました。
よって、絞り込み+幅広い文献を読みたいと思います。

それと、鉛筆書きの訓練し始めましたが、こちらの方もなかなか大変ですわ~。

いつもレスしていただいてありがとうございます。らくちんさんも頑張ってくださいね~。
2008/07/24(木) 21:03 | URL | P #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する