技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(なんか、頭が散漫になりがちです)
少し前に、過去問を整理して、暇をみつけては、自分で考えたキーワードなどをメモ書きしたりしています。ブログで整理するネタのようなスタイルのものです。
が、なかなか、毎日疲れて集中できません。
準備が進みません。
そろそろ、気合いを入れないと、建設一般の準備が間に合いません。

(※それはそうと、)
今の建設コンサルをとりまく環境を考えると、
どうしようか?って思ってしまいますね。


(しかし、岩手の地震は、)
驚異ですね。
山地型の大災害になってしまいました。
こういう時に頼りになるのは、建設技術ですが
自然の力が強すぎるのか、

土木を再評価する声は上がりませんね???
土木を軽視し過ぎる風潮は、問題が少なくないように思います。
そんなこと言っている場合ではありませんが、

(建設帰農という言葉をみつけました)
もともと、農業者の開墾や大工の技術が、近代になって建設業に大発展したというもの
国造りにケリがつきつつある現在
建設業者は、農業に帰るのが良いという考え方で
新たな、我が国の農業の展開を担う力として期待するということらしいです。
私は、果たして何が出来るのか

(現業は、)
環境対策・PI計画・都市マス・公園計画・用途見直し・コンパクトシティ・公共交通活性化・ワークショップ
・・・今のところ営業が半分で、仕事を求めて関東圏まで広がっています。

ああ・・頭が散漫で、落ち着かない、、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
らくちん様

>今の建設コンサルをとりまく環境を考えると、
>どうしようか?って思ってしまいますね。

いやぁ、今年は厳しいですわぁ。例年以上に受注できていません。他社も同じ・・・。大手さんも、叩きになっていて・・・どうなるんでしょうかね。この業界。

ま、四の五の言っていても始まらないので、勉強するか!という感じですが、自分も倦怠感が酷くてなかなか勉強が進みません。

最近、国土交通省では、エリアマネージメントという言葉が流行っていて、開発型から維持管理型のまちづくりにシフトするキーワードになっているみたいです。釈迦に説法かもしれませんが、コメントさせていただきました。

http://tochi.mlit.go.jp/tocsei/areamanagement_symposium/index.html

らくちんさん、一緒に、頑張りましょう!って全然勉強の進んでない Pより。
2008/06/19(木) 16:57 | URL | P #-[ 編集]
>今年は厳しいですわぁ。例年以上に受注できていません。
逆境をバネにするというのが優等生ですが、なかなか現実には難しいです。私が思いついた方法は、ふたつです。
①貧乏暇なしとは言え、今年はやはり、時間は作りやすいはずです。チャンスと思って、資格試験に臨む。これは、生き延びるための方便です。

②凡人にとって、仕事を獲得して良い仕事にしてゆくためには、何かを犠牲にしないと成り立たないのではないかと思います。まあ、給料を犠牲にするのでしょうね。私は、今のところサラリーマンなので利益評価=マイナス査定を覚悟して、出世など考えない。死ぬときに、多少はマシな生き方が出来たと思えれば良いということで、、、しかし、我ながら自分勝手は方法ですね、そんな業界や会社には、若い人が参入する気にならないでしょうね。

さて、エリアマネジメントについて、
Pさんから紹介頂いた資料、なかなか良い資料でした。
既に、先人となって活躍するプランナーも多いですが、
正直言って、私のような中途半端な建設コンサルのプランナーにとっても、未来はこのフィールドにしかないでしょうね。
なかなか、食い方が難しいのが課題ですが、

とにかく、シコシコがんばりましょう。
2008/06/20(金) 19:15 | URL | mataihenda(らくちん技術士) #sSHoJftA[ 編集]
らくちん様

レスありがとうございます。

>私は、今のところサラリーマンなので利益評価=マイナス査定を覚悟して、出世など考えない。
>死ぬときに、多少はマシな生き方が出来たと思えれば良いということで、、、
>しかし、我ながら自分勝手は方法ですね、そんな業界や会社には、若い人が参入する気にならないでしょうね。

自分は、らくちんさんより若輩だと思いますが、らくちんさんの精密なる試験対策の奥にある、人生哲学に見るべきものを得ております。自分は中年なので、綺麗事もならず、家族を養っていかなければならないのですが、渇しても盗泉の水は飲まず ではないですが、自分自身の哲学やモラルに合致しない無理はするつもりがありません。このような無理というのは、しばしば過度の利益追求や仕事の手抜きとなって現れるのですが、それはそれこそ「持続可能」でない と思っております。街作りと一緒ですね~。
一番、最新の記事も含め、らくちんさんは、哲学がある上に、仕事・勉強に新鮮味を保ち、慣れから来る堕落を智慧で回避する力を感じます。資格勉強云々以上にそれを感じて、勉強になりました。
引き続き、記事の更新は楽しみにさせて頂きます。
くれぐれもご無理無きように・・・。
そして、いつもありがとう御座います。 P
2008/06/23(月) 11:19 | URL | P #-[ 編集]
あのですね
私は、すごく怠け者なので
楽なほうに傾く傾向があるだけです。
2008/06/27(金) 12:44 | URL | mataihenda(らくちん技術士) #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。