技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
実は、大したことでは無いので
バラシちゃいます。

私の17年度の都市及び地方計画の「経験論文」ですが、中心市街地活性化計画のことを書いています。

で、改めて気づいたのは、技術手法のところで、「道路の段階構成」「交通制御」「駐車場整備」「道路環境整備」他について書かれており、道路部門の地区交通計画あたりでも十分通用する内容ではないかと思います。当然、もう少し道路交通テクニックをクローズアップしないといけませんが、ほとんど、このまま使えそうなのです。つまり道路部門の経験論文でもいけるかなあということです。実は私、研究室も交通出身ですし、道路やトンネルの設計までやっていました。都市計画をやっていても自ずと道路交通テクニックにはこだわるほうです。もう一度、道路交通の眼で復習して論文の添削をしてみるのも楽しみになってきました。


余談ですが、例えば「沿岸地域の再生を目指した道路環境整備」というようなテーマに経験論文を作ることが出来れば、
(↑こういう仕事、実際にひとつくらい経験してるような気がします。)
「都市及び地方計画」「道路」「建設環境」「河川砂防及び海岸」と4つの専門領域で通用する論文になるかもしれません。そんなことが出来れば4年連続らくちんです。そこまで、考え付きませんでした。経験論文も試験制度では18年で終わりですね。残念!


というようなことで、18年度は総監と建設部門:道路を併願することにしたのです。
経験論文は、筆記と口頭試問の時にある程度は覚えたので、少しは頭にあります。少し触るとしても、これは楽ちんです。
で、建設一般や五択も去年の余韻があるので、、一からやる話ではない。ということは、専門だけを少しやるということです。

まあ、総監の勉強とそんなにぶつからないで出来れば良いなあと思います。(また、総監も論文の用意もしないで青本を5回読んだら合格したという話も聞きました。まあ、合格した人は簡単にいいますが、、、眉唾か?)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご訪問&コメントありがとうございます。

都市計画の技術士をお持ちなんですね。また、来年には道路&総監を受けられるそうで、かなり携われている分野が広いですね!

明日、60点技術士さんとお会いします。ちょっと楽しみです。
今後ともよろしくお願いいたします!
2006/02/26(日) 00:59 | URL | こおろぎ♪ #/3Fe5RCs[ 編集]
こおろぎさんは、砂防が御専門でしたっけ、
きめ細やかに自然と向き合う仕事ですね。斜面対策など、私も少し関わったことがありますが、対抗的構造的に留めるより、力を発生させない工夫や適切な管理手法が求められる仕事だと思います。
私の今の専門領域(主として都市計画)でも、そのような考え方は、「森林の保護保全」や「里山の再生」、あるいは「人と自然の基本的な関わり方について」など様々な局面でリンクしてくるように思えます。
尚、私は分野が広いというより、今は計画段階を担当しているので、計画というものは本来何でもありなのです。もちろん交通や公園、例えば、総合計画もやりますし、環境も福祉も地域防災も地域情報化・行政評価・・・
計画屋はそれが普通です。そうでないと食っていけないというのがトホホな本音で、ボーっとしてると上っ面の計画になりがちです。
幅が広いというのは弱みでもあります。
地に足をつけた御専門の方の知恵を借りることは多く、こおろぎさんにも、今後、色々と教えて頂ければありがたいです。何卒よろしくお願いします。
2006/02/26(日) 13:07 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちん技術士様

はじめて書き込みさせて頂きます。
「技術志」と申します。
らくちん様と同じ、都市及び地方計画の技術士です。今年、技術士になったのも同じです。

約1ヶ月くらいは勉強が軽減出来て、合格率が20パーセントくらいはアップするくらいの計算となる「超らくちん必殺技」すごいです。
私は、区画整理一本なので「らくちん様」のような必殺技がありません。(笑)自己紹介は九州人様のグログに書き込みました。

私も今年、総監を受験しようと考えています。
でも現在私はどん底状況です。
APEC様の掲示板で「ルーキー様」という方からエネルギーを頂き、また「らくちん様」からも力を頂いております。
しかし技術士を取得してからの2週間、社内(同僚・部下・上司から)では技術士が転職のためのフリーパスポートのような言われ方をされ案外傷ついています。同僚との仕事もうまく進められなくなりました。

最後は愚痴になってすみません。

これからも何度か訪問させて頂きたいと思います。
同じ都市及び地方計画の方とお話させて頂くのは楽しみです。
今後とも宜しくお願い申しあげます。
2006/02/27(月) 23:35 | URL | 技術志 #-[ 編集]
60点技術士です。
経験論文の切り口をひねれば、別科目で経験論文を書くのは可能ですよ。
私の経験論文は、平成16年度(施工計画)のうち1例がトンネルでした。平成17年度(トンネル)のうち1例はそのままほとんど同じ論文です。
そう考えると、切り口を考え直すことで、別科目の経験論文になると思います。
もちろん、専門は全く違うので勉強しなければいけません。
別科目を取得する意味があるかどうかは別にして、資質の向上のための勉強にはなりました。
らくちん技術士さんもいっしょにダブル受験しましょうよ。
2006/02/28(火) 17:22 | URL | 60点技術士 #-[ 編集]
技術志様
技術を志すというネーミングは、いいですね!
色々ありますが、立派に体系化された区画整理手法をはじめとして地域づくりを支えるための法制度運用などの工夫、そして地域住民の創意への支援など、都市及び地方計画の技術は、極めてソフトで相手のある技術だと私は思います。
自然科学で言う再現性を担保する技術というイメージとは、程遠い社会科学的なアプローチの日常です。文学的でさえあるかもしれません。
仕事の中でも、クールで割り切ることはできず、這いずりまわっていると、いつしか「技術」という言葉を置き去りにしそうになります。
時に、襟を正して自分の技術を振り返り誠実に道を辿ることが必要となります。そういうイメージです。「技術志」という言葉に襟を正したくなります。

まあ、少し硬いようなコメントを返してしまいましたが、技術志というお名前に触れて、思ったことです。

流石に景気が悪いので、技術士が転職用の資格という面が無いわけではありません。それはそれとして、まあいいじゃないですか。
私など、無視されてますから、、
お祝いが、ワンカップにマグロステーキですから



60点技術士様
なるほど、と思います。
やっぱり、そうなんですね
異なる部門や科目で共通部分はあって当然ですから、
ある意味では、複数科目技術士の種明かしのような感じもします。

まあ、私の場合は、だからって安心しても始まりません。
そろそろ願書の書き方など考えねば、、


ということで、技術志様・60点技術士様、今後ともよろしくお願いします。また、必殺技などあれば、何卒ご教授下さい。


2006/03/01(水) 00:29 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちん技術士さま

必殺技の公開ありがとうございました。私も実は同じようなことを考えています(した?)。

私は、衛生工学部門の廃棄物管理で今年合格したのですが、環境部門の環境保全計画に使える経験論文ネタはありますし、必要な知識も有しています。ただ、総監って必要なのかなあ、とかいろんな部門持っててメリットあるのかなあ、などと思ううちに、仕事が多忙になったり、受験・登録費用補助の社内申請もなかなか通らなかったり(当然資格手当てなどありませんし、上記補助も全額支給ではありませn)で、モチベーションがぐぐっと下がっています。

他のキャリアも積みたいと考えていますし。まあまだ時間はあるのでギリギリまで考えようと思っています。どうしようかな?
2006/03/02(木) 02:38 | URL | hello! #.NKcjBRQ[ 編集]
・廃棄物の世界も、「資源循環型社会形成推進計画」でしたっけ、そういうネーミングを見ても、廃棄物関係の技術はますます幅を広げながら環境全般にボーダレスな貢献が期待されるようになってきているように思います。

・そういう技術やビジネス領域の広がりという意味でも、衛生工学から環境というのは自然に思いますね。

・私も、環境領域には強い関心があります。実は1週間くらい前から、地球温暖化対策地域推進計画と環境マネジメントの企画書に取り組んでいました。このことは、また折を見て報告したいと思います。

(本題に帰りますが)
・ちなみに私の場合には、国の仕事などのプロポーザルでは、総監が絶対的に高得点なので、無条件で取るべきということになります。この際、試験の中身は別の話に考えています。

・また、去年の試験で少しは勉強をして、まだ感覚が残っているので、続けて受けたほうが楽だろうと思っています。

・もひとつ、私の特殊事情としては、ここ何年間か、情報系の事業を担当してきており、コンサル現場に戻ってきたところなのです。戻ってきたら、技術士でなければ人間でないような扱いをされて、リストラに片足突っ込んでしまったような訳です。、つまり、、社内の異動が大きなハンディになってしまったということで、腹は立つけれど、言い訳を言っても誰も聞いちゃくれません。技術士でも取るしか仕方が無いというようなことなのです。

・腹立たしいくらいのほうが力もでるのでチャンスではあります。実際に17年度は取れましたのでありがたい話です。せっかくですので、取れるものは、たくさん取って一気にぶっちぎって追い越すかということなのです。

・まともな研鑽には、ほど遠い、、つまらない次元の私の事情でした。。。
2006/03/02(木) 05:36 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちん技術士様
お世話になります。技術志です。

気になるコメントがありましたので割り込ませてください。

プロポ等で総監はやはり優位なのでしょうか。

私の会社は市町村の業務ばかりで国や県の業務は皆無で、プロポも実績がありません。そのため実態が良くわからないのです。
具体的にご教授頂けるとありがたいのですが・・・。

色々調べると平成12年技術士=平成12年以降技術士+総監
のような国交省の記述がありました。承服できない部分もありますが
今更とやかく言ってもどうにもなりません。
らくちん様の「絶対的に高得点です」というコメントが気になりました。同じ内容でも総監と技術士では得点(評価)が異なるのでしょうか。

上記の内容が私が総監を受験しようと考えている動機の1つです。
ご質問ばかりで申し訳ありません。
2006/03/02(木) 23:21 | URL | 技術志 #-[ 編集]
技術志様
こんばんわ、あくまで私見ですが、お応えします。

高得点という言い方は正確ではないかもしれませんが、確かに「平成12年以前技術士=平成13年以降技術士+総監」という理解のようです。

例えば、国土交通省のプロポーザルで「専門分野のみならず総合的見地から行うマネジメント業務」では、平成13年以降の総監以外の技術士は、13年の実務経験と同種・類似業務の経歴を持ってはじめて総監と同等にみなされます。

総監は、同種・類似業務の経験が無くても、無条件で最高得点になるのです。何故、総監の技術がそれほど価値があるのか、あるいは、平成12年以前の技術士が何故、総監同等なのか私には分かりませんが、そのようです。

私も、都市計画を中心に仕事を担当していますので、多くは市町村の仕事です。しかし、国土交通省や環境省の計画業務・環境整備計画などを担当します。道路や河川の敷地内で完結する仕事が多いので都市計画よりは論点が明瞭な場合が多く、市町村業務よりは明らかに儲かります。
つまり、総監は儲かるということです。ですから、理屈抜きで取らないといけません。

尚、市町村でもプロポーザルはありますが、国土交通省などのように杓子定規でないにしろ、やはり総監のほうが得点はいいのではないでしょうか?
2006/03/03(金) 00:47 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちん技術士様
お世話になります。技術志です。

早速のご回答、本当にありがとうございます。身近にらくちん様のような事例を教えて下さる方がいないので非常に参考になります。

2つ確認させて下さい。
A.「13年の実務経験と同種・類似業務の経歴を持ってはじめて総監と同等」とは
・13年の実務経験+同等・類似業務の経験という意味でしょうか。
・同等・類似業務の経験が13年以上という意味でしょうか。

B.「都市計画よりは論点が明瞭な場合が多く」が具体的に私にはイメージできません。
・都市計画で言う構想(アバウトな計画)というようなことではなく、整備計画(具体的な事業を想定した計画)という意味でしょうか。

再度のご質問で申し訳けありません。

宜しくお願いします。

PS.らくちん様の書き込みは0:47や5:35がありますが、いつ寝ているのですか。驚きです。
また私には「ワンカップにマグロステーキ」もありませんでした。
2006/03/03(金) 21:51 | URL | 技術志 #-[ 編集]
まだまだ寒いですね、昨日は現地調査やって、また風邪ひきかけてます。

さて、ご質問についてですが
○まず、プロポーザルで問われる技術士の要件についてですが、
前提として、国土交通省・農水省など省庁の仕事で「専門分野のみならず総合的見地から行うマネジメント業務」という最高度に位置づけられる委託業務の場合です。(市町村プロポーザルの場合には、ここまで問われません。)
実際のプロポーザルでは、ケースバイケースで仕事内容によってニュアンスが少しずつ変わりますが、「13年の実務経験+同等・類似業務の経験」ということです。
もちろん、同等・類似業務の経験が多いに越したことはありませんが、代表的なものを、要請の書式に応じていくつかあげることになります。金額が高く高度な仕事の実績のほうが得点が良く、そのことを業務内容の記述でアピールする必要があります。
尚、国土交通省の場合はテクリス、農水省の場合にはアグリスという業務技術登録制度がありますから、同種・類似業務はこれらの登録内容でチェックされます。これらに登録されていない業務の評価は極めて低くなります。環境省の場合には、会社内に委託予定の仕事によって必要な分野・科目の技術士が居ることを確認されたりします。

○「都市計画よりは論点が明瞭な場合が多く」という私の表現は、確かに分かりにくかったようです。簡単にご説明しますが、あくまで私の経験から来る主観です。
省庁の仕事は、例えば国土交通省では、直轄施設に関する仕事が大半です。つまり道路か河川の仕事と言うことになります。道路も河川も敷地内の調査や計画・設計ということであり、住民が参加したとしても、「その中でどのようにつくるか・維持管理するか・利活用図るか」ということに収れんされます。環境面についても、あくまで事業化が論点になります。技術の難易ではなく、主として自然科学的に立脚した分かりやすい仕事である場合が多いと私には思えます。
一方で、都市計画では、区域区分地域地区他の規制誘導や住民主体の地区計画・協定など、さらに民々の権利変換や換地の調整まで領域となります。従って、自然科学のみならず社会科学面の要素が極めて強くなります。また、そうした官民の調整の中で目的自体を見出す仕事でありますから、論点も複雑です。

〇そのような性格の違いから、誤解を恐れずに言わせて頂くと、国土交通省の仕事のほうが何をどこまでやるかが比較的はっきりして、仕事が進めやすいと思います。また、低価格入札についての制限も強く価格が適正に維持されていると思います。
ですから、国のほうが儲かると書かせて頂いたのです。逆にいうと、市町村の仕事は、ますます複雑でソフト化してきている反面、委託費が異常に低迷しているということです。

ということで、理屈ぬきで総監を取るべしということになります。
テキトー単純な理屈で申し訳ないです。


本音は、やはり市町村の都市計画にドップリ浸かって地方自治をやっていきたいのですが、、、
仙人でもなければボランティアでもありませんから、多少儲ける面も組み込まないと、、
政策をやっていると言っても通用しません。社内での存在価値さえ危うくなるのです。
2006/03/04(土) 12:57 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
らくちん技術士様
お世話になります。技術志です。
本当にご丁寧なご回答を頂きありがとうございます。

・プロポで問われる技術者の要件、理解できました。
まだ私自身や当社ではプロポを行った実績がありません(多分)。同等・類似業務の経験と得点いう意味では非常にきつい状況です。
でもこれからは出来るだけプロポにも参加していきたいと私自身は考えているため、書き込みさせて頂きました。

・都市計画よりは論点が明瞭な場合についても理解できました。
当社においては、国や県発注の仕事はほとんどありません。地域密着型と言えば聞こえは良いですが市町村の業務しか受注できない状況です。
仕事の範囲がしっかりと決まっているのは羨ましいです。私の担当する業務は成果品が一式となっており、担当者の意向で成果品が追加されていくことがよくあります。「契約の積算をどうしているのだろう?」と思うことが多く、明確な契約を結んで欲しいと営業に直訴しても「担当者から言われたことは全てやれ」の一言です。(ある意味、持ちつ持たれつの悪しき慣習です。)

遅くなりましたが、私の自己紹介
私は北関東の弱小建設コンサルに勤める45歳(でも建設分野への中途参入組みなので経験は14年)の技術者です。
主に換地設計や換地処分、実施計画・事業計画などが多く、区画整理事業オンリーです。
幅広く業務を行われている「らくちん様」が羨ましいです。私の経歴は一点集中型なので。

私の今の状況は3月末で2人の技術者が退職予定で引継ぎと年度末で殺人的な状況です(部内5人→3人)。あまり技術士を喜んでいる状況ではありません。(技術士は私だけ)今日も出社し明日も会社です。

技術志のネーミングは、技術を志すという意味ではなく(少しはありますが)、志を持った技術者でありたい又 志を何時までも持ち続ける技術者でいたい と思って使っています。

とりとめもなく書き込みしました。今後ともご教授の程 宜しくお願いします。らくちん様とのやり取りは本当に勉強になります。
ご回答ありがとうございました。
らくちん様のお陰で総監の必要性についても良く分かりました。
2006/03/04(土) 21:11 | URL | 技術志 #-[ 編集]
○地域密着型で市町村の区画整理というのは、コンサルタントとしてプロフェッショナルな仕事だと思います。国や県の仕事のほうがレベルが高いと言う訳ではありません。
むしろ、事業にタイアップしてマネージメントを続けていくほうが、コンサルタントとして望ましい姿だと思います。

○仕事の仕様が広がるのも、ある程度は仕方ないのではないでしょうか。その分、随契率が高い仕事だと思われます。「悪しき習慣?」によって営業経費が少なくて済んでいる面もあるはずです。

○何とかやっていけているということは、「持ちつ持たれつ」ということでしょうか。←私、自分に言い聞かせてます、、、

○区画整理のこと・仕事のこと・試験のことなど、、
今後とも、色々教えてください。何卒、よろしくお願いします。
2006/03/06(月) 00:29 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
お二人のやりとりを拝見していて、ちょっと考え方を改めた次第です。自分自身かなり危機感が薄い気がします。

受験するのは自由なので、総監と環境部門を受験してみてもいいかな、と思っています。

環境部門は過去問が比較的容易に入手できたのでざっと見たのですが、択一式が一番やっかいそうです。記述式は経験論文はあまり不安視していないですが、専門性を問われるほうは一歩間違うと何も書けずに終わるかもしれません。

総監は今年合格した衛生工学部門で受験するつもりです。amazonで注文していた問題集が今日手許に届いたのですが、ぱっと見た印象では環境部門より合格の可能性が高そうな気がします。まあジャストミートすればですが・・・。

ちなみにTOP記事の阪神淡路大震災の件、当時私は京都にいました。知人で亡くなった方もいらっしゃいます。私の卒業研究のテーマでもあり、忘れ得ない事件です。
2006/03/06(月) 02:09 | URL | hello! #.NKcjBRQ[ 編集]
危機感はエゴイスィックでもあります。
昔風に言えば
プチブル的保身のボーダーに立つ程度の危機感であれば
クソみたいなものです。

イエズス会のザビエルのようにありたいものです。
「社会性」というものを、必ず外してはいけない。
この国の、今まさに成熟し、初めて、垣間見える地平
そうして、前進しなくてはなりません。

私は、切迫していないではありませんが、自分の納得と社会との繋がりを軽んじることはありません。
資格試験など、タアイの無いレベルのことです。

が、取れば良いのです。


先の私の地震と憲法に関するコメントは、どうしたものでしょう?
私も精神的に色々あるのです。
2006/03/08(水) 00:35 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
昨夜、酔っ払って帰ってきてコメントしちゃったので、訳の分からないことを書いています。

プチブルのところは「プチブルの境遇にギリギリでしがみつこうとする程度の危機感でしかないのであれば、あまり意義のあることではない」と自分自身の危機感の軽薄さを説明しようとしたようです。

イエズス会のところは、もう一度酒を飲まないと、何のことかさっぱり分かりません。

最後に、資格試験についてのコメントを自己分析すると、早くも試験勉強から逃避し、居直っているような気配がします。

hello!様、皆様、何卒ご容赦下さい。わからんコメントを載せまして、失礼いたしました。
2006/03/08(水) 09:29 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/09(木) 01:46 | | #[ 編集]
単なる、酩酊状態でした。失礼いたしました。全く気になさる必要はございません。

それは、そうと、登録証が届いたそうで、、、早いですね。
私は、会社でまとめて登録するということで、申請書等々を東京に送っていたのですが、なんと社内で10日間も塩漬けにされており、私のはまだまだ、かかりそうです。

ですが、実は名刺には既に入れちゃいました。

技術士(建設部門)
RCCM(都市計画及び地方計画)

です。しかし登録証が来るまでに、この名刺を使うと技術士法違反です。クダラン話ですが、ウズウズしますね。

尚、○○さんは、文章にとても慣れていらっしゃるようですので、試験勉強は、とても楽だと思いますよ。
合格年の次の年でもあるので、一気にがんばっちゃえば、、って思います。
私は総監の他に、建設部門・道路(交通計画)で受ける予定で、調べ出しましたが、自分の専門の隣接領域は、なかなかおもしろいです。

総監も青本を入手しましたが、こちらは今のところ、ぜんぜんおもしろくありません。
先ほど、九州人さんのブログを見ましたが、本格的に勉強をはじめられています。しかも、楽しそうに、、
私は、微妙にブルーになってきています。
技術志さんに、「理屈ぬきで総監」とか偉そうに言ってしたが、私は、総監は向いていないかもしれません。ヤバイです。
2006/03/10(金) 21:02 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/16(木) 02:06 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/17(金) 05:09 | | #[ 編集]
なんだか、体調が悪くて、やっぱり、ムチャクチャ忙しくて、ボロボロです。
技術士の勉強どころではなくなってきています。
私も、総監と他科目の併願について、気力がめげています。
確かに19年度のほうが、総監以外は、5択だの、経験論文を覚えるだのレベルの低い準備が要らなくなりますから良いかもしれません。

しかし、総監の勉強も机上のパズルのようなもので、実質は、はなはだ疑問です。

〇〇さんへ、尚、御社の方とは何度か一緒に仕事をさせて頂いたことがあります。
今後ともよろしくお願いいたします。
2006/03/18(土) 13:01 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/21-d98b5a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック