技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道路の専門について過去問を見てみました。
特に平成10年以降は、出題内容がソフト化してきているような感じがします。私の専門とする事項は道路計画ですが、地域づくりなどの仕事との関係で、都市部における道路ネットワークや地域づくりに寄与する道路事業に今後も注力しようと思っています。そういう意味で、過去問を参照しながら、答えるべき問題を出題テーマ別に整理すると、概ね次のような優先順位になるようです。
基本中の基本である「道路線形」やますます重要になる「維持管理」、あるいは定番の出題領域である「舗装」などが私のターゲットとしては希薄ですが、経験の少ない技術を無理やりお勉強だけして、仮に合格しても仕方がない。ということで、自分のタイプに応じた技術士を目指そうと思います。

--出題テーマの抽出--
①道路政策、事業評価、必要性、効率化 
②道路防災 
③道路景観および環境 
④住民参加
⑤公共交通、交通マネジメント(渋滞対策) 
⑥バリアフリー 
⑦道路線形  
⑧維持管理
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「らくちんさん」が書いておられとことは、そのとおりだと思います。
道路は、ご案内のとおり、勉強範囲が広いため、出題予想は殆ど当たりません。

しかし、仰るとおり、道路の技術土としては、今後も満遍なく勉強しておくべきでしょう。
ただ、予想問題を考えることは、受験対策としては必須ですよね。
2008/05/19(月) 23:07 | URL | いなかもの #-[ 編集]
満遍なく勉強と受け取って頂き恐縮です。

そうでもないです。
あまりにハードな舗装や維持管理・道路構造物などは除いて考えるとこの8テーマくらいかなあと思っています。

予想問題も考えるかどうかこれからですが、

今回は、
テーマ毎に、複数の過去問を俯瞰して、どの過去問にも共通するような回答を自分なりに考えてみようと思った次第です。そのような用意ができれば、そのテーマの具体の問題がどのようであろうが自分が捉えた本質に引き込むことで答えられるのではないかという気がしています。

過去の、「都市計画」「総監」「建設環境」でも、方法論としての意識は希薄でしたが、そのような感じで準備してきました。

ただ、私にとっての道路計画は、道路の主流ではなく、地域づくりに係る観点が強いものです。自分なりの答えを再整理しようと思っています。

今後とも、よろしくお願いします。



手前味噌ですが、
この①から⑧の記事は、試験の準備用としては、なかなか使い勝手あると思いませんか?
私は、これから自分なりの増殖をしていきますが、、、
2008/05/20(火) 21:10 | URL | mataihenda(らくちん技術士) #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。