技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(いよいよ、技術士・建設環の口頭試験が近づいてきました。)
基本的な整理は、先の2年間の延長であり、再確認の訓練を続けています。

(口頭試験で問われる事項は、)
じっくりと考え思い出すと答えられる事項だと思われます。しかし、即座に、なるほどと思って加点してもらう答えを返す必要があります。概ねの想定に対する整理は出来ましたので、直前に条件反射の訓練をする予定です。

(ただ、今年からは技術的体験論文のプレゼンが加わっており、)
やや複雑になります。このプレゼンも、幾分硬めの表現となっている文章を、強調点をアピールしながら、どの程度の「はしょりかた」あるいは「自分の言い方」で説明するかが問題です。
手持ちの論文の控えを見ながらの説明であれば、まだ、慣れているのですが、フリーハンドとなると、、昨年までのように、経験事例をいきなり聞かれるほうがまだマシです。
今頃言う話ではありませんが、なかなか、訓練方法を迷います。

(ということで、)
明日から数日は、試験どころか目の前の仕事でいっぱいいっぱいです。
なんとか、どさくさで、いくしかない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。