技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術士2次試験対策の持論です。御考察のうえ取捨選択して受け取って頂ければと思います。

(最も重要なことは、)
絶対に合格する気で受験することです。忙しい毎日の中で、準備を続けることは容易ではありませんが、途中で、自分勝手に準備不足などとあきらめてはいけません。多くの人は、受験の前に脱落しています。勉強の効率は、当然ですが試験に近づくほど高くなります。準備より気力が重要です。

(日常業務における心構えは、)
プロポーザルや企画書作成などの業務機会は、自分から手を挙げてでも取り組むことが有効です。正確な現状認識・政策と技術の課題を把握・企画文章力の訓練など試験に必要な基礎能力をオンザJOBで鍛えられます。忙しい業務時間にまとまって勉強する時間は、ほとんどつくれません。試験に直結するスキルを鍛える絶好のチャンスです。

(試験準備のテクニックの基本は、)ご承知でしょうけれど過去問から入ることです。
今年度から、専門は応用力重視になっていますが、いずれにせよ過去問が重要です。専門の参考書から入るような無駄なことをしてはいけません。過去問で訓練する際に参考書を参照するような方法が効率的です。今は、インターネットのキーワード検索でほとんどのことを迅速に調べることが出来ます。

(モチベーションを保つための方法は、)
試験の研究をすることです。つまり、勉強そのものは「しんどい」のです。技術士試験の対策本などで、試験の時間割や勉強方法、合格体験、過去問の出題傾向の分析など、様々な話題が挙げられています。勉強は嫌でもこういう記事は読み易く、比較的苦になりません。特に、過去問の傾向をじっくりと見てみると、色々と興味深い分析が出来ます。調子が乗らない時などは、そういう研究をすると、モチベーションが戻ってきます。ですから、対策本は、何冊も買えば良いように思います。

(具体的試験対策の基礎としては、)
・部門-科目の出題傾向によって難易と自分への適合性も異なります。自分が何を受験するかは、技術士取得の必要性だけでは無く、取得しやすさも検討して選択することが有効です。

・建設一般の筆記試験では、国土交通白書を読めと言われますが必ずしも賛成できません。日常の仕事の必要に応じて国土交通省のホームページで施策情報を調べる週間をつけたほうが有効です。また、本で勉強した一般論を答えるのではなく、自分の専門領域に引っ張り込んで自分の考えを答えるようなやり方のほうが高得点となるはずです。

・専門選択については、
過去問をじっくり分析して傾向を捉えることが大事です。設問は異なっていても同じ事を聞いていることが多々あります。例えば都市及び地方計画では、(防災まちづくり)(中心市街地活性化)(既成市街地の区画整理)などの設問は、どれも中心市街地の課題への対応を問われており同類の解答にできるはずです。建設環境で、(景観)(公園緑地)(地球温暖化)(ヒートアイランド対策)なども、切り口は異なりますが、生活環境の課題への対応です。そういう風に問題を領域の体系や関連性を考えながら調べてみると、何を分かっていないといけないか自ずと見えてくるはずです。自分の中で、試験の枠組みがイメージ出来てくるとしめたものです。

(試験までのスケジュールは、)
ひとさまざまで、考えれば良いのですが、少なくとも、「1次試験や1部門目の2次試験の合格直後」「2時試験の願書の提出時」などは、モチベーションが上がるはずですから、そういう時は、思い切って勉強を進めるべきです。いくら直前が効果があがるといっても、直前の準備だけでは難しいと思います。その他に、良い仕事の経験が出来た時に経験論文の案を書いてそのついでに筆記試験の勉強もすすめるとか、漫然と勉強を続けるよりも、ノリを生かすことが大事です。合格を目指してブログをはじめるとかいうのも良いかもしれません。

(直前の注意としては、)
特に試験の前の金曜日などは、遠方の出張など絶対に入れてはいけません。休暇を取って勉強すべきです。これが出来ずに落ちても自業自得です。

(技術士受験用グッズなど、)
シャープペンシル・消しゴム・時計などなど、試験のしばらく前から準備したほうが良いと思います。
そういうことも、モチベーションをうまく作り出す工夫になります。


●いきなり、だらだら書き恐縮ですが、いちおう「らくちん必殺技の完成」を目指すブログをやっていますので、、少し整理させて頂きました。
まだ、完成していません。今年も、建設環境の筆記発表を4日後に控えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
建設部門の技術士です。
総監をとろうと思っているのですが、これから準備開始で今年の受験に間に合うでしょうか?
当然、人によるでしょうが、ご意見ください。
2008/02/24(日) 11:35 | URL | ワルタンフォックイ #-[ 編集]
最近ブログの更新が滞っており、ろくな記事も書けていないのに、コメント頂き恐縮です。

さて総監を受験されるということですね。

総監は、人それぞれ捉えかたは違うと思いますので、対策も様々なようです。
しかしながら、所詮、青本一冊プラスアルファです。しかも、私は現に、技術士会(九州支部)がつくった黄本といわれるダイジェスト版しか読んでいません。B5判、40ページくらいのものでしょうか。

今からでも十分過ぎるくらい間に合うと思います。

そういう試験でも、プロポーザルでの評価は、No.1です。一応、技術士の中の技術士と言われます。技術士増加の傾向の中では、ますます対外的に評価される資格です。

つまり、取り得な資格です。

大切なことは、絶対に合格するつもりで受験することが大事だと思います。
頑張って下さい。
よろしければ、私のブログのカテゴリー「総合技術監理部門」http://mataihenda.blog44.fc2.com/blog-category-6.html
をご覧下さい。
くだらないことも書いていますが、多少は参考になるかもしれません。

私も、今年は多分、2回目の建設環境受験を目指します。
お互いにがんばりましょう!
2008/02/24(日) 16:56 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
ありがたいコメントありがとうございます。
コメントをする時点で受験への意思が決まっていたようにも思います。
その背中を確実に押していただきました。
食わず嫌いでした。

がんばります。お互い合格しましょう!
2008/02/24(日) 17:31 | URL | ワルタンフォックイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/166-82e8db2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。