技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
昨日の論文を推敲して、何とか論文を仕上げました。
2枚で仕上げるというのは本当に大変です。
余分な文章を入れる隙が全くありませんね

表をひとつ入れましたが、フォントは原則10.5ポイントですから
(表に小さな文字を詰めて入れたりして)
文字数オーバーで失格にならないように考慮すると
図表も要注意です。

性格的にはプレゼンの材料ですからプロポーザルのようなものですが
プロポーザルでは、特定課題ひとつに1枚程度です
この論文は、2例紹介プラス1例詳述ですから、詳述は、だいたい1枚強で書き上げないといけない。

国交省プロポよりも、ずいぶん集約型ですね。
もちろん、口頭でのプレゼンの補助的論文ですが
特に、私のような計画系の者は、各論の技術提案よりも
総論の体系化技術を基礎とする面がありますから、コンパクトにするのが難しいように思います。

ということで、一応完成させましたから、
論文の仕上げはRCCM試験の後ということにしましょう。
筆記が通っていれば!の話ですが、、

では、そろそろ、RCCM「河川、砂防及び海岸・海洋」の準備にかかります。

しかし、いつの間にか筆記試験発表1週間前ですね。
31日朝5時かな?
技術士筆記と最終発表で、3年前から5回目になります。
何回目でも、ハラハラドキドキですね!
6回目クリアしないと今回の意味は無いですから、全然安心出来ませんが
私の経験では、筆記試験に合格すると、口答試験に向けて意欲が沸くのは当然ですが、日常業務のうえでもモチベーションのアップになります。

落ちたら、えらいこちゃ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/165-e3329003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック