技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応、次の会社も決まっており、5月の後半からの出社になります。
1ヶ月弱の貴重な自由時間。この間、建設環境及び総監の特訓です。

実は、ここ3週間ほどは、仕事の引継ぎと飲み会で、忙殺されており、全く勉強が出来ていません。
これからやり直しです。少し計画を練り直します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/30(月) 01:43 | | #[ 編集]
先ほどDAIさんへの返信にも書いたとおりですが、(http://mataihenda.blog44.fc2.com/blog-entry-112.html#comment288

そんなことです。
確かに、少なからずリスクはあります。表向きな言い方をさせて頂きますと、必死にチャレンジすることで、開眼を求める。

ここで、開眼というのは、例えば、既往の環境や仕事でもスキルアップは出来るし、深堀も出来る。社会関係もより信頼感高く築くことも出来る。しかしながら、もっと、自分にリスクを課すことでしか分からない拡げ方もある。

その他、諸般の事情も勘案して、後の長期戦のための本格的なスキルアップでもあります。

そうは、言っても、実は、もともと恩義のある方に6年間も声をかけて頂いたという事情もあります。
リスクばかりではありません。

とにかく、不可逆的決断ということです。
2007/04/30(月) 02:21 | URL | mataihennda #sSHoJftA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/01(火) 00:47 | | #[ 編集]
コメントマスク機能(?)、確かに、書いて頂いた方が確認したり修正したりすることができないようです。
○○さんのコメントは、いつも有難いし、勉強にもなるコメントを頂いています。
御心配なく。

「自分は自分であり、それ以上でもそれ以下でもない」ですか、、そうかもしれません。

所詮、他人にあわせるのも限界があります。
前の私の会社は、どちらかというと調査系が主流の上場企業です。
主流の方々=調査系・情報系の方々にとっては、相乗的な技術効果もありますし、良い環境に違いありません。
しかし、私のように調査結果を活用して提案する立場の技術者は、どれだけ都合よく振り回されるか、
理解者も居ないとは言いませんが、所詮、私はあわすことが出来なかったということです。
一方で、仕事と言うものは、振り回されてなんぼという見方も出来ます。
それが仕事というもので、もちろん会社が悪いのでは無いことは分かっています。

これからの人生を、考えれば考えるほど、調査ビジネスのための計画コンサルという位置づけは、納得いかなくなってきたのです。
納得いかないことは世の常ですが、私の残された人生の筋道の基本がそれでは、あまりにも不毛ではないか。
そういう思いが強くなったというのが真相です。
それと同時に、計画仕事の幅をもっと広げたくなったということでもあります。
そのためには、呪縛から開放される環境を選ぶしかない。

会社が調査系に大きく舵をとってから10年近く、呪縛に捉われながら、企業人として生きるための努力を続けてきましたが、
そうですね、「踏ん張ることの価値と移ることのリスク・メリット」を私も考え続けたことになります。
その間に、疾病に起因する踏ん張りとリスクにも遭遇していますが、、(これは、思わぬ拾い物です。)

結局、「自分には逆らえない」ということではないでしょうか。
2007/05/02(水) 13:24 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/121-410a3a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。