技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、私は「APECエンジニア審査合格!」と書いていますが、申請取り下げ1件を除いて、全件が認定を受けています。技術士であれば、英訳を添えて、まともに経歴やCPDを書き込んで行けば、概ね認定されるということのようです。
第13回APECエンジニア登録認定69件、その内Civil部門が14件です。何故、こんなに少ないのでしょう。申請者が少ないのですね。技術者の国際相互承認の影響を受けて技術士の合格率が云々と議論されているのが嘘のようです。実は、APECエンジニアの申請も、この5月からは、技術士二人の推薦が必要とされるようになりました。(姉葉の耐震偽装の問題などの影響でしょうね。)今後は、さらに申請者が減る可能性さえあります。多分、技術士が増えても、APECエンジニアの数は増えないでしょう。技術士試験の合格率も関係しないように思いますね。。。
日本の科学技術は、世界的にも見ても第一級の水準を持っているはずです。南半球の急進を適切にガイドするとともに停滞するアフリカへの支援など、ビジネスチャンスというよりは貢献の余地は、少なくないはずです。我が国の、元気な高齢技術者の活かし方も含めて、、、私達は、我が国の科学技術に出来ることを、今一度考えるべきかもしれません。

「ふるのぶ」さんという方が、香港から迫力のある実況版ブログをされています。リンクも貼らせて頂いていますが、必見です。

私も含めて、日本の技術者は、国際的な役割や貢献について意識が希薄すぎるのかもしれません。私は、今後、海外業務を担当するかどうかは分かりませんが、このAPECエンジニアをきっかけにして、認識を高めようと思います。語学・農業土木ももう少しやるかな、、
文部科学省も、他省庁とも連携しながら、もう少し考えて欲しいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/113-93a66f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。