技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(試験勉強そのものが大事?)
今日、会社で、ある人の「技術士は、試験勉強そのものが大事で、取得してからの研鑽を続けることで、より高度に技術士を極めようとするところに意義がある」という主張をお聞きしました。一般的にこういう意見をお持ちの方は、少なくないようです。決して否定はしませんが、私の考えは少し違います。

(やはり、実用が大事では?)
資格を取ることで、「給料が上がる」「管理技術者が出来る」「プロポの点が良くなる。」「仕事が取れる」「発言力が高まる」ということではないですか?
もし、そういうことが無ければ、技術士試験のような面倒な試験にチャレンジする人は非常に少なくなるはずです。建設部門・上下水道部門以外の技術士の数の少なさがそれを証明しています。

(建設部門では、ますます技術士資格の実用性は高まります。)
今後、建設コンサルでは指名競争入札が、極端に減少し、客観的な評価である資格は、さらに受注要素として極めて大きく影響するはずです。まともな会社ならば、総監技術士・複数技術士の取得を推奨するのが当たり前です。既に、コンサル業界では、技術士の争奪戦が、始まっているようです。

(試験勉強など役に立つのでしょうか?)
試験勉強のあり方ですが、私は、普段の仕事で調べたり考えたりすることのほうが、試験勉強よりも圧倒的に高度で幅も広いものだと思っています。ですから、それらの蓄積を試験用に向けてぐーっと編集し直す作業が試験勉強ではないかと思っています。具体には、「覚えることは覚える」「フワっとしていることは、再確認する」「足らずは補う」「コンパクトに書き込む訓練をする」ということだと思います。そういう準備の結果として合格することは容易ではありませんが、その試験勉強自体は大して役に立つことだとは思えません。資格が絶対に欲しいからやりますが、やらずに済めば、それに越したことはありません。

(ついでに言うと)
技術士会のCPDで、業務内で実施している調べものや検討あるいは、計画書の作成などが、カウントされないのは、何故なのか、私には、さっぱり分かりません。現実味に欠ける講演などを拝聴するより、日常の業務で考えるほうがよほど重要だと思っています。

(らくちん技術士の時代)
技術士試験や制度に過大な幻想を持っている暇があれば、日々の仕事に力を入れるか、複数部門取得を目指すか、どっちかですね。私は、このブログで究極のところ、言いたいのは、「日常の仕事に真摯に取り組んできた人ならば、最低限の準備で合格できるはず」だということです。そして、多分ですが、今回の試験制度の改定は、まさに、そういう方々にとって追い風の改定となっているはずです。まさに、らくちん技術士の時代です。

日々ボロボロになりながら、がんばっている技術者の「合格のための最低限の準備」こそが「らくちん必殺技」のはずなのですが、、、まだまだ、ですね。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「さるかに」です。
初めて投稿する者です。
今日のご意見、その通り!!!
全く同感です。
ところで、実戦部隊にとってCPDの記録は必要でしょうか? 私は、残しておりません。
2007/03/30(金) 23:37 | URL | さるかに #-[ 編集]
私のような「技術士」の本質?を軽視しているような意見は、反主流かもしれませんが、本音ではないでしょうか。

■ところで、CPDですが、

(今後は、CPD認定が必須になる可能性があります。)
RCCMでは、18年度合格者から25時間/年が必須になりました。APECエンジニアでは、当初から、50時間/年が必須です。
記録の方法は別にして、準備をはじめたほうが良いと思います。
例えばですね、一般競争入札やプロポーザルで、「管理技術者は、同種業務実績と●●科目の技術士(日本技術士会のCPD認定を受けていること)」という参加条件が出てくる可能性もあると考えられます。
科学技術に関する問題が散見されるこのごろです。一級建築士も再審査が検討されたくらいです。CPDという免罪符が台頭する背景が整っています。

(しかしながら、CPDは講習会とかで点数を稼いでいくと考えると結構大変です。)
講習会参加は、係数が1なので、生数字しか得点されません。一回で長くても5時間程度ですね。短いと2時間くらいです。こういうものを積み上げていると、大変な記録になってしまいます。確かに実践部隊としては、やってられませんね。

(早くポイントを稼ぐには、それなりの手段を積極的に取る必要があると思います。)
私は、APECエンジニア申請でも、次のような作戦でいきました。

①資格の取得
国家資格の取得は、20時間にカウントされます。私は、技術士で20時間・RCCMの更新講習でも10時間にカウントしました。非常に分かり易くて、効率的なポイントの加算になります。

②社内講師
社内のISOなどの研鑽スケジュールとして勉強会を計画し、その講師を担当する。
技術だけではなく営業マン向けも含めて実用的に実施します。各回毎に、テーマや目的をはっきりさせる。
例えば、年間4回で2時間ずつ持ち時間を担当しても、4回×2時間×(係数2)=16時間です。

③フェア出展
建設技術展など、会社で出展する時は、ブースに立って、技術内容の説明をする。
質疑に答える。出来れば、講演する。これも(係数2)なので、半日を2日やったとして、2日×3.5時間×(係数2)=14時間です。

④業務外の委員会
無償のアドバイザー業務や委員会の専門委員を引き受ける。これも(係数2)です。

⑤学会発表など
これも(係数2)ですが、最近のプロポーザル環境では、業界の競争がきつくなっていることや、特許取得に向かう傾向がありますので使いやすいとは言えませんね。

●こういう風に考えると、CPD時間はすぐに大きくなり、記録も単純です。無駄な講習会などで時間を潰すより有意義です。
●世の中、「意味不明」なことでもまかり通るものです。「まじめに考え過ぎずに、自分に役立てるように対応する」ということでしょうか。
2007/03/31(土) 11:52 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/111-f4587e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。