技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
実は昨日、名刺を注文してしまいました。

技術士(総合技術監理部門)
技術士(建設部門)
RCCM(都市及び地方計画)


と3段書きです。
もちろん、登録が済まないと使えませんが、今回は追加登録ですので、合格通知が到着次第に、合格番号を書き込んで登録申請出来るよう準備は整えています。今回の登録処理は多分早いと思います。
ところで、3月1日には、RCCMの建設環境の発表、3月末までにはAPECエンジニアの審査結果が出ます。
そうなると、


技術士(総合技術監理部門)
技術士(建設部門)
RCCM(都市及び地方計画・建設環境)


APECエンジニア(Civil Engineer)
技術士(総合技術監理部門)
技術士(建設部門)
RCCM(都市及び地方計画・建設環境)

順調に行けば、この春には、こんな感じでしょうか
しかし、こういう書き方だと
来年、建設環境の総監技術士が仮に取れたとしても、名刺は変わらないことになります。
その暁には、もう少し工夫しないと、RCCMの追加も加えて、、例えば

APECエンジニア(Civil Engineer)
技術士(総合技術監理部門 建設-都市及び地方計画)
技術士(総合技術監理部門 建設-建設環境)
RCCM(都市及び地方計画・建設環境・道路)


というような書き方でしょうか、建設部門という言い方は表示しない。

ついでに
再来年ともなると。
APECエンジニア(Civil Engineer)
技術士(総合技術監理部門 建設-都市及び地方計画)
技術士(総合技術監理部門 建設-建設環境)
技術士(総合技術監理部門 建設-道路)
RCCM(都市及び地方計画・建設環境・道路・河川、砂防及び海岸・海洋)


これを簡単に書くと、、

APECエンジニア(Civil Engineer)
技術士(総合技術監理部門 建設-都市及び地方計画・建設環境・道路)
RCCM(都市及び地方計画・建設環境・道路・河川、砂防及び海岸・海洋)


これでは、一体これは何なのか理解することも難しいですね。。どう考えても、イヤミです。名刺にここまでは書ききれません!困ったことです。、、、、、いずれにせよ、いわゆる皮算用という奴ですが、、
以前にも、良く似た記事を書いたことがありますが、名刺のことを考えると調子に乗ります。まあ、いいじゃないですか、、日夜、利益利益って、、虐げられていますので、、ご容赦ください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 名刺のことですが、複数部門の場合、部門名を上下に書くのが一般的でしょうか?それとも、横でしょうか?
 複数部門を取得している方の名刺をいただいたことがありませんので、ご教授ください。

①上下
 技術士(総合技術監理部門)
 技術士(建設部門)

②横
 技術士(総合技術監理部門、建設部門)

 やはり、総合技術監理部門を先に記載するのが一般的でしょうか?

 もう一つ質問ですが、総監部門の英文表記は下記サイトに「Comprehensive Technical Management」とあります。

http://www.engineer.or.jp/apec/disciplinesrev2.html

 これでよろしいのですよね?
2007/02/11(日) 09:05 | URL | ふるのぶ #iqRvHKyU[ 編集]
>らくちん様
はじめまして。総監取得おめでとうございます。総監下水+今回建設河川に合格させていただいた者です。
ここは頻繁に拝見させていただいてましたが、コメントするのははじめてです。
名刺の表記方法、うれしい悩みですね・・・。
総監を取得されたのだし、ここはいっそのことRCCM明記をやめた方がいいですよ。その方がすっきりします。

なお、複数部門、科目の技術士有資格者に係る技術士登録証明書(400円払ってもらう科目明示の住民票のような紙)において、2個目以降の取得期日については試験に合格した年月が記載されます。したがって、部門や科目の追加については、その手続きを後回しにしても、実際には試験合格時から有効なのではないかと思ってます。なので私も速攻で名刺を注文しちゃいました。


>ふるのぶ様
私はこれまで
技術士(総合技術監理部門・上下水道部門)
と横に並列記載していました。

今回3つに増えることが出来たので、

技術士(建設部門)(上下水道部門)
   (総合技術監理部門)

と並列と上下を折衷したデザインのを注文しました。

総監は、一般部門の先につけている方もいれば、後や下につけている方もいます。
大手コンサル等(例えば水コン最大手の社長サンとか)で後ろにつけている方が比較的多いことから(実は新規取得の建設部門を目立たせたいというのが本音ですが・・・)今回総監明記は後ろにすることにしました。
2007/02/11(日) 11:28 | URL | 総監下水道 #mQop/nM.[ 編集]
このようなことが話題でコメントが積みあがるとは、笑ってしまいますが、幸せなことですね!

>ふるのぶ様
いつもありがとうございます。まず、シンプルな話題から、
総監部門の英文表記ですが、私もこの情報しか知りません。昨年11月末に、APECエンジニア申請した時のCPDでも(筆記合格までの研鑽を10時間カウント)この言葉を使いました。これにクレームは、今のところ無いです。
Professional Engineer(comprehensive technical management section)とでもなるのでしょうか?

>総監下水道様
・総監下水道さん、はじめまして!コメントありがとうございます。
・建設部門 合格おめでとうございます!総監に下水に河川ですか、水の完璧なプロフェッショナルですね。
・総監を後ろにするというのは、私は気がつきませんでしたが、確かに重みを感じますね。
・「2個目以降の取得期日については試験に合格した年月が記載されます。」は、なるほどですね、勉強になりました。
・RCCMについて、確かにあまり格好よくはないかもしれませんね。しかしながら、せちがらい事情もあるのです。昨今の建設業界では、「プロポーザル」と「一般競争入札」が急増しています。単純に言うとRCCMでもあればエントリー出来る可能性がかなり広がるということです。そういう意味で、技術士の前にRCCMの資格を取って受注チャンスを拡げようとしています。(←ちなみに、今年度は、RCCM建設環境を受けています。)名刺の表示もこれに従おうとしているだけなのです。確かに、専門性が強く領域が限られている方にとっては、RCCMなど技術士があれば必要ないとも思います。(ただ、これからの時代は何がどうなるか分かりませんので、既往技術士の方でも取りやすい内にとっておいたほうが良いような気がします。公的資格を取るとCPD20時間にカウントされるという得点もあります。)

>ふるのぶ様・総監下水道様

さて、名刺に関して私なりの見解(というほどのことでもありませんが)を紹介します。私が今まで見てきた名刺のケースをいくつか事例を挙げます。最近は、弊社でも複数部門・科目技術士が増えているのですが、いくつかの例をお示しします。

ケース1:このような二段書きの方が一番多いようです。
技術士 (総合技術監理部門)
技術士 (建設部門)

ケース2:その他の資格と並列する場合に多いようです。
技術士 (総合技術監理部門・建設部門)
一級土木施工管理技士
VEリーダー

ケース3:総監がその他部門の上位資格だという主旨?で総監しか表示しないが科目まで表示
技術士 (総合技術監理部門 応用理学-地質)

ケース4:上の組み合わせ版ですが、総監以外の部門で科目まで表示
技術士 (総合技術監理部門)
技術士 (建設部門-都市及び地方計画)

ケース3は、謙虚でシンプルですが、正式には総合技術監理部門と建設部門は別部門ですから、双方表示するほうが良いと思います。その意味でケース1または2が一番多いと思われます。私は、名刺に余裕があれば、ケース1のほうが良いと思っています。ふたつの技術士を持っていることがはっきり分かるからです。基本的に名刺は仕事で使うものですから、仕事に有利になるようにアピールするのが普通の考え方であろうと思います。

どうでも良いレベルの話になりますが
その他、ケース4の例のように科目まで示すかどうかです。
・ちなみに、技術士法によると、「技術士 ○○部門」のように部門まで表示することとされています。また、「科目」と「専門とする事項」がありますが、「専門とする事項」は登録事項にもなりません。「科目」も登録証明書には表記されますが、登録証には部門までしか表記されません。技術士法の主旨を汲み取ると、公に表示するのは登録証にあるように部門までなのですね。つまり、試験でも部門一般の認識が問われて合格している訳ですから、自分の専門領域(科目)をわきまえながらも、部門全般に責任ある仕事をしなければならないということなのだと思います。
(そうは、言っても、ですね、私なら複数科目を取得すると、科目まで書いちゃいますね!)

以上、なかなか答えにならないコメントでした。
皆様、今後ともよろしくお願いします。
2007/02/11(日) 13:25 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
>らくちん様
いやいや、せちがらい事情、私のとこも同じですよ・・・。
私の方も、技術士は持っているものの、「水道部門」なので、「建設部門」指定のプロポに参戦できるようにと、今年はじめて建設環境でRCCMを受けました。
☆証拠といってはなんですが、リンクはAPEC様のところへの書き込みです。
http://www.webspace.ne.jp/rental/img_bbs2/bbs.php?pid=7618&mode=r&no=128&mode2=thread

今回、技術士河川に受かったので「建設部門」へは参戦できるようになりましたが、科目指定案件も増加傾向なので、もし受かれば有効活用したいです。
私は東京の会社に勤めていますが、関東地整は殆ど全て公募入札、公募プロポに移行してしまいました。参加表明提出に際し、技術士の他、RCCM資格活用の機会は激増することは明らかです。
※でも学生時代勉強しなかったツケで、土木の基礎的な択一問題が全くダメだったのでこちらは落ちそうですが・・・。

RCCMの表記ですが、ヒアリングで名刺交換する場合もありますし、業務用と割り切ると、らくちんさんの言われるとおり明記した方がいいのかもしれませんね。
もし受かればですが、一級土木や測量士も含め、保有資格を列記したものも一箱位作ってみようかな・・・。
2007/02/11(日) 21:53 | URL | 総監下水道 #mQop/nM.[ 編集]
「せちがらい」の上塗りのような話ではありますが、

技術士は、まだステータス的な意味合いも残っているのは事実ですが、
私は、所詮、使い道の無い資格を取る人は居ないだろうと思います。
そういう意味では、RCCMも例えば公募型入札の応札条件にでもなれば、技術士と比べても遜色ありません。場合によっては重宝しそうです。

技術士を過大評価しませんし、RCCMを過少評価するつもりもありません。

技術士があって、プラスRCCMで拡げるというのが正しいかな?ってとこです。

総監下水道さんも建設環境のRCCMを受験されているということで、
(私のRCCMで拡大作戦は、どういう訳か社内では、なかなか理解されませんが、)
このせちがらさとまともに向き合って前向きにお考えの方は、同じことを考えるものですね!

御同業が、、皆、同じ作戦に出られると、これまた厳しいのですが???
2007/02/11(日) 23:22 | URL | mataihenda #sSHoJftA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mataihenda.blog44.fc2.com/tb.php/100-cee47e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック