技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、再び技術士試験に関わりつつあります
つまり、後進の指導ということですが、調べてみると、制度も変わっており、基礎的な事項を全般に問う問題が増えているようです。
しかしながら、論文対策の基本は変わらないのではないかと思っています。
つまり、体系的に整理した説明が出来ることが大事で、そのことは仕事力に直結することでもあります。
今も、プロポーザルを書く機会も少なく無いのですが、相手の頭にガンと叩き込むには体系的にきれいに整理されていることが必須条件となります。
技術士試験は、特にコンサルで働く方々にとっては、技術の潮流を把握し、表現力を培う良い研鑽の機会となっていると思われます。
私も、実務はもちろん現役ですが、もう一度、技術士試験をイメージして後進のお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。