技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
Bグループ

私は、次の問題に答えました。

Ⅰ-3
川幅が狭い単断面の掘込み型の巾小河川(流域面積が200Km2未満)を対象として現況の流下能力の数倍を改修目標とした河積の大幅な拡大を伴う河道計画について検討を行う場合の基本的考え方について説明せよ。また、計画高水位、河道の法線形状、川幅、横断形状、縦断形状、粗度係数などについて、計画する上での配慮事項について要点を整理して論ぜよ。


次のような感じで答えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
基本的考え方
・治水機能と調整を図りつつ、川本来の自律性を発揮するよう整備する。
・特に河床の流動性に配慮するとともに、現況の澪筋や河床材料、巨礫の保全を基本とする。
・現況の瀬と淵や、水際のエコトーンの形成に配慮し、生物多様性に配慮する
・整備段階から、川らしさを生かした自然観察や憩いの場としての利用に配慮するとともにに、地域参画による環境管理を目指すこととする。

個別要素計画の配慮事項
・計画高水位
下流の堤防の安全性に配慮し、地盤高との差をできるだけ小さく設定する。

・河道の法線形状
現況のみお筋の状況が良ければ、極力変更せず、自然の復元力を発揮するよう整備。

・川幅
河積の増加には、川幅の拡大で対応し、洪水時の流速や掃流力を増大させない。

・横断形状
河床幅員を十分にとることで、河床の自由度を高めるよう法勾配は5分を基本とする。
河床巾が横断形の3倍以上確保できる場合には、緩勾配を採用する。
河床掘削する場合には、現況縦断を平行移動する。
河床材料と掃流力の関係を検討し、自然の復元力を活用するよう計画する。

・縦断形状
床止めなど横断構造物は原則として採用しない。
河床掘削する場合には、現況縦断を平行移動する。

・粗度係数
現況が良好な河川では現況並みとし、少なくとも現況より小さくしない。

・その他
整備段階の地域住民への説明
可能な段階から積極的な住民参画の促進と水防意識の醸成
生態モニタリングと順応型管理の組み込み
ハードとソフトの水難対策への配慮
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上 各項で、細かくは河川環境の観点からコメントを加えましたが、
やはり、中小河川に関する河道計画の技術基準(20年3月)が基本になります。
この基準は、多自然河川づくりを経てきた河川技術の知見を充分に継承しており、ひとつひとつ深読みして、バックデータとなる事例や研究を検証してゆくと、なかなか含蓄があります。

ちなみに、私はある仕事の課程で、この基準について、書籍などで検証しながら勉強しました。特に次の書籍は非常に参考になりました。ついでに御紹介させて頂きます。


移動床流れの水理学

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102149623/subno/1
移動床流れの水理学
お客様おすすめ度
★★★★★
著者/訳者
関根正人/著
出版社名
共立出版
発行年月
2005年02月

本の内容
実河川のように固体壁面が土砂で構成されている場合には、水の流れによってこの土砂が移動し、この壁面が浸食を受けたり、壁面上に堆積が生じたりすることになるため、結果としてこの固体壁面である地形そのものが変位を起こすことになる。このような流れを移動床流れと呼ぶ。本書は、このような移動床流れを対象としており、「移動床水理学」あるいは「土砂水理学」にかかわる基礎的な知識を整理し、これをできるだけわかりやすく解説することを目的としている。
大学土木系には必須のテーマである水理学の基礎の取得はもちろん、次のステップにあたる河川工学へ切り替えができるようにまとめた。
目次
水流の支配方程式
不等流計算法
平面二次元流れの解析
開水路流れの乱流構造
河床構成材料の性質
限界掃流力
流砂過程と掃流砂量関数
物質の乱流拡散と浮遊砂理論
粘着性材料の浸食過程
河川地形とその形成
地形変動とその予測
植生水理学
河道の自律形成機能

★特に、最後の「河道の自律形成機能」についての著述が、シビレます。

スポンサーサイト
建設一般は、この問題に答えました。

Ⅱ-1 我が国の国土は厳しい地形・地質,気象等の条件下にあることに加えて,近年は社会状況も大きく変化し,自然災害から国民の安全や生活をい守ることがより一層求められている。
 建設部門に携わる技術者として,社会的状況の変化に対応して防災あるいは減災対策を行う上での課題を3つ挙げ,その内容を説明せよ。
 また,これらの課題に対して,国民の安全や生活を守る観点から今後どのような取組を進めていくべきか,あなたの意見を述べよ。

だいたい次のような解答をしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・局地豪雨の多発や巨大地震への脅威の高まりに対する、対応スピードをはじめとする危機管理能力の不備 
→初動体制の強化、技術や組織連携の高度化

・情報化の進展や技術革新の活用への期待
→新技術を活用した防災情報の共有と鳥の目から虫の目に渡る探査分析力の強化

・高齢化や核家族化の進行による地域防災力の低下
→シミュレーションを活用した予測の高度化による事前情報の強化、ワークショップ図上訓練など日常における防災意識の高揚活動の推進
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河川は、なんと言っても治水が基本ですから、河川を選択していれば、流石に書けないとおかしい、というレベルの問題ですね。
とはいうものの、河川分野では、いくつもの選択肢がありますし、皆がそこそこ書けるでしょうから、相対評価で考えると「課題選択の重要度」「専門とする事項との関連」「課題と対応の論理的整合」など、採点基準は厳しくなる可能性があります。よくよく、考えると楽勝とも言い切れません。



私は、この問題に答えました。
1-2社会基盤の効率的な整備のための事業管理(プロジェクトマネジメント)について以下の問いに答えよ。
1)社会基盤整備における事業管理の考え方について説明せよ。
2)あなたがこれまでに関わった分野において具体的な事例を1つ挙げて、事業管理の観点から具体的に評価し、事業管理にどのような効果があったのか(見込めたか)あなたの考えを述べよ。


出題の冒頭の「社会資本の効率的な整備のための事業管理」とは、例えば、以下のようなことであろうと思います。
・真に必要な整備のための選択的かつ集中的な事業選択  
・構想段階PIの導入など適格にニーズに応えるためのアカウンタビリティの進行管理
・相乗効果を発揮するようなパッケージとスケジュールのコントロール 
・ストックの活用とアセットマネジメントによる維持管理
・管理者による管理の限界を超える多様な主体の参画管理
これらは、どんどんがんばってつくれば良いという次元のものではなく、プロセスにおいても検証を繰り返したり多様な事情と調整を図ることで達成される。そういう意味で事業管理が重要になっているのだろうと思います。

しかしながら、自分自身は、業務管理はやっていますが、役人ではないので、事業管理を主体的に実施し、中長期的に効果を見極める立場にはなく、それらしい経験が非常に少ないということです。しかも、私の分野は、河川環境ですから、断片的な事業になります。従って、具体的な事例について書き込むのは非常に苦しく、正直なところダメかなあと思っています。

今考えると「構想段階PIの導入など適格にニーズに応えるためのアカウンタビリティの進行管理」「管理者による管理の限界を超える多様な主体の参画管理」などに絞り込んで書き込めば良かったかもしれませんが、前半で少し網羅的な書き方をしてしまったので、具体例も少し拡散し、その分、「管理技術」レベルの書き込みが出来なかったように思います。

補足ですが、
この問題は、「社会資本の効率的な整備」のための管理という認識が重要であり、そういう意味では総監のように管理そのものを問うているのでは無かろうと思っています。そう考えると、従来の建設一般と同類の問題であると考えられます。また、河川協会誌の2009-10は、私も見てはいましたが、具体の事例を聞かれると、経験が少ないものですから、たやすくは書けません。

なんだか、試験のできが悪かったので、愚痴のような やつあたりのような文章で失礼いたします。
試験を受けてきました。

午前中は、防災あるいは減災でした。
午後は、Aが事業管理 Bは中小河川の計画  を選択しました。

事業管理が、若干ピント外れました。
これが生命線でしょう。

とにかく、結果を待ちます。
私の周りでも、総監を受ける方が毎年おられます。

総監の問題は、毎年ひねりが変化しますが、昨年などは比較的平易だったようです。

そんなことを思いながら、総監の個別管理技術では無く、「総合技術監理」というものについて考えていたのですが

要するに

「大きな傷を発生させずに、個別管理技術でたたける程度の小さな傷で抑えるようにして、ト-タルでうまく治める。」
ということかなと思います。

ガツンと受けるのではなくて、早期にシェル構造体を構築し、応力の発生を抑えるとともに、応力を軸力に分散する。切破の変異をダイレクトに逆解析し、臨機応変に支保構造を組み合わせて掘進する。
これは勝手なイメージですが何だかNATMに似ていますね。


しかし、
要らん世話ですね・・
自分の試験のことを考えないと・・・・・
また、新しいプロポーザル2本エントリーです。

試験とお盆をはさんで提出です。

昨夜は、深夜に起きだして特定テーマのメモを書いていました。

なかなか試験モードになれません。

出来れば金曜日は午前中で退散して、図書館に行こうかとも思います。

あせっても、駄目なものは駄目、急に利益は挽回しません。

せめて、直前くらいは、長期的な展望に立ち戻って、試験に集中すべきかとも思います。
全くブログが止まっていましたが、試験勉強も手つかずでした。

やはり受注関係で・・
プロポーザル関係で調べごとが多く、その延長で興味が拡散して、ついつい、試験とはかけ離れた調べ物を続けてしまいます。

ところで、プロポーザルの結果も
3本続けて、負けました。1本は、総合評価で金でひっくり返されました。2本目は、同種類似で、負けました。あろうことか、3本目はヒアリングがダメだった?とのことです。一応、提案では負けていないようですが、かなりパワーを使いつづけましたので、メゲメゲです。

おかげで、受注も進んでおらず、まいっています。

ところで、試験でしたね・・・
あと1週間切りました。今週は、ぼちぼち頭を試験に向けようと思います。
正直なところ、5年目にもなると、気合が続きません。

資格があっても、受注で答えを出せないと、生き延びられません。

さて、さて、受験まで気力が持つかどうか・・・