技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(長い間、ブログをさぼっていました)
技術士試験の勉強も、いまいち進んではいませんが、、、
色々と幅を広げて仕事をしていると、日々、新しい勉強になり、新鮮です。

(最近は、中小河川の河道検討をやっています)
礫にシルトが入り草本性低水敷が形成され、低水路が狭く固まる傾向を持った河川
(護岸整備された都市の掘割河川によくあるパターン)で、
河床の縦断的な変化が乏しく、落差高で魚の移動が難しくなっている。
魚や底生生物のにぎわいに欠ける。草本類も単純化しがちである。
しかし、水質は良く、まだまだ希少な動植物など種類も多い。
放置すると、テロテロの単純な流れと樹林化によって、いつか一気に、にぎわいを失う。

・短絡的になりがちな低水路を水制を使って二次流をコントロールすることで、淵やよどみを自律的に維持
・低水敷に降雨出水時に流れる流路を形成し、草本性河原の多様性を増進
・徐々に立ち上がる傾向の強い低水路の側面を切り下げて水陸移行帯を順応管理的に形成
・落差高を1/20に改良した自然石の隔壁のプール式魚道、御床工を隠した深みのある水褥池
・住民参加でできるロックネットの現場製作
・特定外来種対策
・各種モニタリング計画
・連携の中核組織の立ち上げ(水防・地域・観光・資料館・魚・鳥・昆虫・学校・PTA・祭り)

昨年度の続きですが、こんな感じです。もう少し突っ込んでやります。
次の狙いの仕事は、”水郷環境”です。

(ところで自宅の環境ですが)
・ギンヤンマのヤゴが先週お亡くなりになりました。(原因不明)
・タカサゴユリは、直射日光があたるものは枯れ、陰で育っているものが元気です。
・ゴマ柿が、7本発芽しました。冬季冷蔵保存したものは100%、放置して春に洗ったものは50%程度です。
・カワニナは、赤ちゃんをたくさん生んでいるようです。小さいので正確に確認できません。
・K川で取ってきたヨシノボリが元気に育っています。
・K川で取ってきたオタマジャクシが生き残りが1匹で、大きくなっています。
・A川のヨシは相変わらず、根が水質改善に抜群の効果を維持しています。
・A川で取ってきたオイカワの稚魚は、元気に育っていたのですが、ある日一気に全滅してしまいました。
どうも、気温の変化で、一気に繁殖したバクテリアのせいではないかという気がしています。
・ブラインシュリンプを育てていますが、塩水なので、なにかと面倒です。それでも大きいのは7mmくらまで育ちました。
・オオミジンコを育て始めましたが、しばらく前に水が冷たかったのでヒーターを入れると壊滅的に死んでしまいましたが、3匹ほど生き延びていますので、もう一度3匹から増やしかけています。


(その他、もろもろですが、、、)
もう少し整理して 良く観察しないと・・
近々には、
・プランクトン採取にでかけて、育ててみようと思っています。顕微鏡を手に入れないといけません。
・パックテストの材料を入手して、家の水槽や現場で水質も注意してみてみようと思います。
・また、河床の虫を捕ってきて、水槽で飼おうと思います。魚の餌にもなるようです。
・そろそろ、さくらんぼの季節です。桜の発芽実験用に、色々取りにいかないと・・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。