技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
①道路政策、事業評価、必要性、効率化
<19年必須>
「道路特定財源の見直しに関する具体策」(平成18年12月閣議決定)においては、「道路整備に対するニーズを踏まえ、その必要性を具体的に精査し、引き続き、重点化、効率化を進めつつ、真に必要な道路整備は計画的に進める」とされている。このような見直しに至った背景と考えられる事例を2例以上挙げその内容を記述するとともに、これらの事例を踏まえて「真に必要な道路とは何か?」についてあなたの意見を述べよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・解答検討中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1、背景
①需要の減少
人口の減少、高齢化、モーダルシフトの進展などにより中長期的には交通量は減少傾向の見通しである。(平成17年国調による推計:人口は17年以降長期に渡って減少が継続、EX.h42年△10%)

②過剰な整備とアカウンタビリティの不備
供用後の交通量の少ない高速道路が出現しており、整備費の無駄に加えて維持管理費の増加、環境破壊などマイナス面がクローズアップされてきた。
尚、これらの問題視される道路の効果について、災害時の緊急輸送や地域の活性化支援など期待する多面的な効果について、説明不足がこれらの背景の議論を助長した面がある。

2、真に必要な道路とは
①基本的な考え方
道路は、物量交通をはじめとする長距離大量輸送に適した高速道路や地域の骨格を成し地域の発展を促す地域高規格道路・主要地方道、あるいは市街地の賑わいや市街地の防災の要となる主要区画道路等々あり、国土幹線から地域づくりまで段階的にその機能役割を機能に従って組み合わることで総合的に機能することになる。
従って、真に必要な道路とは、地域の特性と必要性に応じた規格や構造、あるいは景観や歴史文化などの地域特性を充分に吟味するとともに、総合的な道路ネットワークの観点を加味して整備を優先される道路と考える。

②優先度を上げるべき道路整備
●安全、安心形成のための道路整備
 東南海・南海・東海地震の脅威の高まりに対して、例えば、h16年に指定された重点密集市街地の大半が未整備の状態にあり、消化避難活動のための主要区画街路・都市防火区画を形成する幹線道路・災害時の緊急輸送を担当する都市幹線道路の整備が著しく立ち遅れている。現在、耐震改修促進法の改正を受けて建物の耐震化が促進の方向にあるが、日本の都市災害は、密集市街地の延焼が人命にかかる甚大な被害をもたらすことは過去の経験が物語るとおりである。市街地の延焼対策の決め手は街路事業である。緊急的な手当てが求められる。
 ここでは、特に防災のための街路整備の観点を述べたが、高規格幹線道路の整備においても、地震・風水害対策を重点にプライオリティを高めるべきと考える。

●地域の活性化支援、バリアフリー対応、地域個性を活かす道路の高質化事業
 人口、産業の東京への再集中が顕著である。一方で、少子高齢化、産業の空洞化、中心市街地の停滞など地方都市の活力の低下が顕著である。地方都市の公共空間は、旧集落を核として急激な市街化によって最低限に近い道路構造で整備されたケースが多く、老朽化の進行とともに多面的な市街地活動にそぐわなくなってきている。高齢化社会がますます進展する中で、地方都市の活力を創出することは、国土の近郊ある発展の基礎となる重要な課題である。街路の高質化等事業の優先度は高いと考える。

●国際競争力のための道路整備
わが国は、固有の高度経済成長を超えて、グローバル化の渦中にある。各種の製造業は国際分業により生産の最適化が図られており、各国の技術や素材、あるいは人的資源についても相互依存の関係にある。特に、天然資源の乏しい我が国の産業は・・・・・・・・・・・・・・。
従って、国際競争力を高めるためには、的な物流等の円滑化を最適化を図ることが不可欠の条件となる。空港、港湾など国際交通拠点施設の機能強化並びに、アクセス道路のさらなる充実等の観点を重視した道路整備が求められる。

●道路の維持管理
真に必要な道路整備という意味で、不可欠かつますます重要性が高まる・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




<17年必須>
道路を取り巻く現状を踏まえつつ、より効果的、効率的かつ透明性の高い道路の整備・管理を進めていくために、あなたが特に重要と考える具体的方策を3つ列挙し、それぞれの内容と期待される効果について述べよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・解答検討中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1、はじめに
限られた財源を生かすこと
国民への説明責任を果たす


2、特に重要と考えられる具体的施策

●事業評価の適格な運用による効果効率の追求
・道路の性格と目的に沿った指標で評価し、プライオリティを判断
(長距離高速交通を担う OR 地域振興に寄与する OR 住生活基盤の形成)?
(評価指標は、B/C+アウトカム)
・性格に沿った道路の規格、線形、整備手法により必要充分な効果を追求
(高規格幹線道路・主要地方道・生活道路・暫定供用や社会実験など検証も含)

●既存ストックの活用による効果効率の追求
(道路整備)
・現道拡幅による、未整備区間の接続(暫定供用も含む)
・1.5車線道路の修復整備による山地交通の補強
・現況トンネルの拡大、橋梁補修

(道路管理と補修)
道路構造物の点検と延命化
・・・・・・・・・?

●住民参画による透明性の高い整備・管理
構想段階PI



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<16年選択>
道路計画における将来交通量予測の現状と課題について述べるとともに、課題解決の方向性についてあなたの意見を述べよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・解答検討中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■はじめに(現状の問題点)
供用路線の需要伸び悩みなど、予測値どおりの結果とならない路線が少なからず発生し、高速道路の赤字問題などがクローズアップされている。
予測値に対する信頼の低下するとともに、人口の停滞や国内産業の低迷が予測値をさらに不確実なものとしている。

■課題
①国民にとってわかりにくい交通量予測手法
・予測のプロセスが分かりにくい。
・計画交通量配分等の手法は経験的で、主観的な面がある。
・現況交通の調査から予測まで多大な時間がかかるため、予測値が古い段階のものとなる。
・時系列推計を基本とするため、増加から減少への変局点以降の予測が難しい。

②変動し易い交通量
・開発計画を考慮するが、計画の熟度や精度がまちまちであり、変動し易い。
・道路ネットワークが想定どおり進捗しないと、途中段階の交通量はあってこない。
・道路整備による土地利用誘導効果が十分に考慮されていない。
・交通量予測は、全国規模で行なうため、局部的な変動による予測の修正はしないので、局部的には乖離を生じ易い。


■課題解決の方向性
①国民にとってわかりにくい交通量予測手法
・プロセスの公表と説明機会の増大
・第三者委員会等により、予測プロセスの検証
・交通量調査から予測への時間の短縮
・交通量だけに頼らない、プローブ調査や環境調査など多面的な政策評価を加えた事業評価の実施と説明
②変動し易い交通量
・開発計画の精度向上に向けた地方自治体等との連携の強化
・土地利用誘導効果のみならず、地域施策との相乗効果などの追求
・地域政策をはじめとする予測条件の精度誤差に対応し、幅を持った予測値の算定
・明らかな予測条件の変動が生じた場合の迅速な検討と改定情報の公開

■おわりに
真に必要な道路整備を目指して、交通量予測は、ますます重要な尺度となってくる。
しかし、道路は、地域間あるいは沿道の動きを反映し、プラスにもマイナスにも相乗的に効果を発揮するものである。予測値の精度には限界があることは言うまでも無い。
従って、予測技術や数値の利用技術を向上させることはもちろんであるが、算定根拠とプロセスを各方面に可能な限り公開し、予測値の意義も含めて共有する努力が求められる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<15年必須>
道路を取り巻く現状を踏まえつつ、今後の技術基準のあり方について、あなたの意見を述べよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・解答検討中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<11年必須>
道路に関する事業評価の方法を述べ、問題点、改善点について論ぜよ。
スポンサーサイト
●コンパクトシティの政策的位置づけ

いきなり話題が都市計画に戻ります。最近、「コンパクトシティ」という言葉も定着してきましたが、その議論が、主観的な解釈により過ぎるような気がしているような気がして少し振り返って見ました。

現在の意味合い(=集約型都市構造の形成)で、コンパクトシティが議論され出したのは、平成14年に国土交通省の社会資本整備審議会(都市計画部会及び歴史的風土部会)が再編成されてからだと記憶しています。
現在の意味合い(=集約型都市構造の形成)で、コンパクトシティが本格的に議論され出したのは、平成17年に国土交通省の社会資本整備審議会においてだと思います。

その経緯は、17年度当時の審議会資料に詳しいので、是非とも参照されることをお勧めします。

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/01.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/021.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/022.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/023.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/024.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/025.pdf

http://www.mlit.go.jp/singikai/infra/toushin/images/04/026.pdf

(これが、18年のいわゆるまちづくり三法の改正にたどりついた訳です)
・長期的な人口減少の見通しが明らかとなり、土地利用の極端な密度低下による現在の都市基盤並びに各種のインフラの維持更新が懸念されています。このような懸念を助長する現象として「市街地の拡散に大きな影響を及ぼしている郊外のロードサイド等への大型店の立地」と「中心市街地の衰退」が注目され、そのような土地利用の拡散傾向を抑えながらあわせて既成市街地の再活性化を図る集約型都市構造を誘導することを目的に三法が改正されました。
・言い換えると、人口減少・超高齢社会にふさわしいまちづくり=市街地の郊外への拡散を抑制し街の機能を中心市街地に集中させる「コンパクトシティ」という考え方を具体化する取組みです。

(これらの改正は簡単に言うと、それぞれ下の①-③のようなことです。)
「中心市街地」や「大型店」などそれぞれ話題になりそうなことに目を奪われがちですが、組み合わせて俯瞰するとコンパクトシティ形成の基本課題に対応したものであることが理解されると思います。

 ①中心市街地活性化法:中心市街地の再活性化(中心市街地への支援措置の更新)
 ②大店立地法:大型店の周辺環境への適応(10000㎡超の大型店の立地規制)
 ③都市計画法:都市計画による大型店の適正配置(用途地域による規制)及び市街化調整区域の大規模開発のさらなる抑制

次のURLは熊本県のホームページに掲載されている資料です。
http://www.pref.kumamoto.jp/promotion/shougyou/pdf/sanpou_01.pdf


●コンパクトシティの実現課題など

(まちづくり三法の改正で、コンパクトシティ形成のための基本的な枠組みは用意されましたが)これらを運用し、それぞれの地域に合った形でコンパクトシティを形成してゆくための技術的な課題は山積みと言えます。
少し、思いつくままに、その実現課題と技術的対応をあげてみます。

・10000㎡未満(9000㎡の商店など)の無秩序な立地をどうコントロールするか
きめ細やかな土地利用戦略の構築と特別用途地域、特定用途制限地域などの適切な運用(市街化区域・非線引き白字地域)
土地利用調整条例の策定(都市計画区域外)、準都市計画区域の設定(線引き都市計画区域に隣接の場合)

・市町村合併の自治体における不均一都市計画の運用
都市計画区域再編と集約型土地利用計画の策定及び用途地域の設定など(特に非線引き都市計画区域)

・既に形成された根強い車社会と困難な中心市街地の活性化
集約的な新活力創出ゾーン等の形成のための開発促進地区計画の運用

・法改正で規制されたものの、地域の産業振興の起爆剤として期待したい工業団地の開発
市街化調整区域における地区計画の策定もしくは、新工業団地の市街化編入

・ますます、崩壊に危機に頻している中山間地域の振興
環境共生型土地利用計画の検討(多自然型居住の推進・農家民宿などエコツーリズムの推進・構造改革特区、地域再生計画制度などの活用)
産業政策との連携(集団営農の推進・特産品づくりの推進・コミュニティビジネスの育成)

・撤退する民間バス路線による公共交通利用困難地域の増加)
コミュニティバスの再編・DRTの採用・相乗り乗用車(タクシー)の運用・各種助成制度の確立

・中心市街地の実効ある活性化
中心市街地活性化基本計画の作成とまちづくり交付金の活用(現法の支援では限界がある。コミュニティビジネスとの連動や地域協議会による活動の促進など、地域個性と元気な高齢者のスキルの活用の観点が重要となる)

(現実を振り返ってみると、)
 既に、市町村合併後の多くの自治体では、郡部から市街地部への転居傾向が顕著であり、中山間地域も急速に崩壊しています。一方で、東京への再集積が進んでいます。まちづくり三法の改正は、「東京など都市圏では、どこにでも投資可能だが、地方都市では、極く一部の市街地にしか投資出来なくなる」というような見方もあり、地方の切り捨てとも言われています。まちづくり三法の改正は、小泉政権で、自公が圧勝したドサクサで一気に法案が通された経緯があります。

★まちづくり三法の「コンパクトシティ」の論理は、極めて理論的かつ急進的なものです。
☆19年度に、国交省が整備路線を完成させるとして作成した「道路の中期計画」は、この考え方と全く逆行する性格のものと言えます。
「★都市住民の浮遊票」対「☆道路族の地方票」  の構図です。



(最後に手前味噌ですが、昨年度の建設一般(地域活性化)の私の復元答案の「おわりに」の部分を紹介しておきます。)
 地域活力の停滞は重大な問題であるが、社会資本整備の観点で出せる答えには限界があり、様々な領域と協力した取り組みが必要である。また、人口減少下における土地利用コントロールは社会基盤の基礎的な懸案事項である。人口動態を見通し市街化の抑制を行うことは、モータリゼーションの進展した地方部の活力停滞を招く可能性をも孕む両刃の剣であることを忘れてはならない。
 地域の活性化は、自己責任も伴うものであり、「選ばれる地域づくり」の競争でもある。私は、今後も研鑽を重ね、地域の自立的発展を促し支援することも念頭に置き、社会資本整備に全力で貢献する所存である。
⑧維持管理
<19年選択>これまで整備されてきた多くの道路構造物について、引き続き安全の確保等その本来の役割を果たし続けるための維持管理・更新を適切に行っていくことが求められている。このような要請に鑑み、道路構造物の維持管理・更新の現状と課題を述べるとともに、今度の維持管理・更新のあり方についてあなたの意見を述べよ。
<17年選択>
路上工事縮減の従来の取り組みを挙げ、それらについて、道路利用者の立場に立った課題を述べよ。さらに、その解決に向けた具体的方策にについて述べよ。
<14年必須>
道路構造物の管理についての課題とこれを踏まえた道路構造物の計画・設計段階、管理段階における今後のあり方について、あなたの意見を述べよ。
⑦道路線形
<18年選択>
道路の線形設計を行うにあたり留意すべき事項を
  (1)設計の原則
  (2)平面線形
  (3)縦断線形
  (4)平面線形と縦断線形の組み合わせ
の各項目について述べよ。

<14年選択>
道路の線形設計に当たって、安全性や経済性などの観点から留意すべき事項について、あなたの意見を述べよ。

<12年必須>
道路の機能と役割について、都市部と地方部の特質を踏まえて述べよ。

<11年選択>横断構成の決定方法を述べ、ゆとりある道路、環境への配慮について述べよ。
⑥バリアフリー
<18年選択>バリアフリー化の現在の取り組みを述べるとともに、ユニバーサルデザインの観点から、道路分野におけるバリアフリー化の課題と解決策について、あなたの意見を述べよ。
<13年選択>
交通弱者に配慮した道路計画、施設対策のあり方について述べよ。
⑤公共交通、交通マネジメント(渋滞対策)
<19年選択>
道路構造に起因する道路交通渋滞について一般道路及び自動車専用道路において各1例挙げて各々の渋滞発生メカニズムと課題を述べ、交通渋滞の発生を抑制する観点から、それぞれの道路の整備にあたって配慮すべき事項についてあなたの意見を述べよ。
<18年選択>わが国の都市部における道路交通の現状と交通需要マネージメントについて述べるとともに、交通需要マネージメントの手法を2つ挙げ、それぞれに対する、(1)手法の具体的内容と期待される効果、(2)現状の課題と解決の方向性について述べよ。
<15年選択>
道路事業として整備されている都市モノレールや新交通システムの特徴や導入効果について述べるとともに、今後の整備のあり方について、あなたの意見を述べよ。
<12年選択>
道路の各種交通手段の相互関係や他の交通機関との連携について述べよ。
<11年度選択>
都市交通の円滑化対策について、ソフト・ハード両面から述べよ。
③道路景観および環境
<19年選択>
沿道や周辺地域などと道路が一体となった美しい国土景観の形成の観点から、公共事業の現状を踏まえ道路分野における課題を述べるとともに、道路整備における留意事項と今後のあり方についてあなたの意見を述べよ。

<17年選択>
近年の道路政策に関わる景観配慮について、その動向と基本的考えを述べよ。さらに道路整備の構想・計画段階において、良好な道路景観を形成するにあたっての留意事項を地方部と都市部に分けて述べよ。

<14年選択>
環境の観点から、舗装技術のあり方とそれに対応した具体的な技術について、あなたの意見を述べよ。

<13年必須>
道路の計画・設計、建設、管理の各段階における環境への配慮のあり方について述べよ。

<17年選択>
排水性舗装(路面騒音低減を目的として設置する場合も含む)の設計・施工において留意すべき事項を述べるとともに、維持管理における技術的課題及び解決方策について述べよ
関連の過去問を掲載し、徐々に、メモなどを追加で書き込むようにして、試験当日までに論文イメージを固める手立てとして役立てることにします。各記事へのコメントも歓迎します。
道路の専門について過去問を見てみました。
特に平成10年以降は、出題内容がソフト化してきているような感じがします。私の専門とする事項は道路計画ですが、地域づくりなどの仕事との関係で、都市部における道路ネットワークや地域づくりに寄与する道路事業に今後も注力しようと思っています。そういう意味で、過去問を参照しながら、答えるべき問題を出題テーマ別に整理すると、概ね次のような優先順位になるようです。
基本中の基本である「道路線形」やますます重要になる「維持管理」、あるいは定番の出題領域である「舗装」などが私のターゲットとしては希薄ですが、経験の少ない技術を無理やりお勉強だけして、仮に合格しても仕方がない。ということで、自分のタイプに応じた技術士を目指そうと思います。

--出題テーマの抽出--
①道路政策、事業評価、必要性、効率化 
②道路防災 
③道路景観および環境 
④住民参加
⑤公共交通、交通マネジメント(渋滞対策) 
⑥バリアフリー 
⑦道路線形  
⑧維持管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。