技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だからこそ、
技術士資格を取るという技術者としてのスタート台を用意するベストな方法が求められます。

中途半端に手前味噌ながら、
そこに、らくちん必殺技の意義を感じざるを得ません。
ということで、一刻も早く「技」(単なるテクニックではありません技です。)を完成し、幅広く普及させねばなりません。

ということで、今日は、あまり意味の無い記事でした。あしからず、ご容赦下さい。

スポンサーサイト
(19年度 筆記試験を体験して、試験制度改定の論点)
①技術士試験の受験者は、深く考えて仕事をするようになるのではないか
・応用力や問題解決能力に係る問題も少なくないように思います。
・従来に劣らず総論の力も必要な問題が多いように思います。
この出題の方向が今後も洗練されるとすれば、この準備のためには、直前数ヶ月の集中的勉強に加えて、日常業務の中で、常に課題と解決策をシミュレートするような、より深く考えて仕事をする習慣を強いることになるのではないかと思います。

②職業柄による作文力の相違というハンディが緩和されたのではないか
・試験時間は余裕が出来たのだと思います。このことで、仕事の性格による文章力の差は、多少なりとも埋められたのでは無いかと感じており、従来よりも適正化されたと思います。
・作文が早い遅いというのは、職業柄による面も大きく、作文の速さ自体を評価し過ぎるような従来の方法には疑問を感じています。

③受験準備が楽になったことは、忙しい受験者には朗報です。
・経験論文を、覚えて書くというのが普通の受験方法でした。技術士会の改正の趣旨のとおり、そのような方法による解答を評価する意義は感じません。
・また、経験論文や択一の負担が無くなり、受験準備が楽になったことも、忙しい受験者には朗報です。

(今回の試験制度の改正は、十分に支持できるが、速やかに適正な制度運用が課題)
①は難化要素です。②③は、健全化の要素です。合格率が、どうなるか分かりませんが、②③によって上がることは好ましいことですし、①による難化は、技術者のレベルアップに繋がることだと感じています。私は、今回の試験制度の改正は、十分に支持できる方向であると考えています。
一方で、今年度の出題を見ると、専門によって難易がバラバラで、改正の趣旨が正当に具現化されたとは思えませんし、技術士の水準が部門や科目あるいは合格年度によって格差が大きくなり過ぎることは芳しくないことです。また、面接による合格率を下げるとしたら、審査に主観が立ち入り過ぎるようにも思います。文部科学省と技術士会には、速やかに適正な制度運用を図って頂くことが期待されます。かく言う私も技術士会会員ではありますが、、

(建設部門における技術士資格の変化)
特に、建設部門では、近頃の公共調達に係る不祥事の改善に向けて、プロポーザルから公募型入札に至るまで、技術者の客観評価に幅広く技術士資格を充ててゆく方向となっいます。このことは、技術士資格の名称独占から実質的な職業独占への転換を示唆していると考えられます。さらにJABEEによって、大学教育のプロセスで、技術士を目指す風潮が強化されることは運用と認知の拡大に大きく寄与すると考えられます。

・企業及び個人の技術士取得意欲の増進
・JABB推進による技術士の運用と認知の拡大
・複数部門技術士の多発
・技術士数の増加あるいは急増
・技術士資格のステータス神話の崩壊とともに実用資格への認識の変化

(技術士を取ることで、技術者としてスタートを切る時代)
技術士は、取得前の経験を重視され、司法試験や医師とは異なり取得後のインターンが求めらません。制度から見てもステータスの資格でした。
しかし、受験に必要な経験年数はずいぶん軽減されているし、JABEE技術士も程なく登場してくるでしょう。
そして、CPD認定も重要視される方向です。プロポーザルで、CPD認定まで求められるようになれば、インターンがあるようなものかもしれません。いつの間にか制度も変わってきています。

技術士が居ないと入札にも参加出来ない時代になってきました。単に実用から考えても、複数部門技術士が増えるのもあたり前です。
つまり、技術士を求める時代は過ぎ去って、技術士を取ることで、技術者としてスタートを切る時代になるのかも知れません。

(結論)

理屈で言うと、、技術者のレベルが向上し、より多くの人が技術士取得に意欲を持ち、技術士数も増え技術士資格がより実用的に運用されることは、技術士が資格として正常化するということで、好ましいことであります。

しかしながら、「より高く希少性のある評価が得られ、出来れば高収益に繋がる資格 」だからがんばって取る値打ちがある訳です。しかし、技術士で無ければ管理技術者にもなれない状況というのは、技術士が一人前の技術者として最低ラインになるということです。

既往技術士にとって、技術士数が増えないで欲しいと思うのは当たり前のことですね。
私自身、かろうじて取得した技術士の「商品価値」下がることは非常につらいことです。実は環境系や交通系の仕事もしないと食っていけませんから、まだまだ、試験を受けないといけない。正直なところ、しんどいです。

依然として、理科系ではトップクラスの試験のレベルは概ね維持されるでしょう。
安い給料でももらい続けるためには、あたり前のように、この難関資格を目指さないといけない。しかも、ふたつみっつは持たないと、多少広げて仕事をすることもできない。

<コレが言いたい!>
こういう事態は、実は異常かもしれません。建設系技術者への労働強化を象徴することであり、まさしく「ワーキングプーア!」実は、恐ろしいことではないでしょうか。
・人口減少下で地域の活性化を図ることはそう簡単に出来ることではありません。難しい問題です。ただ、私は人口減少が土地利用に与える影響は、しばらく先の私にとって重要な仕事になるのではないかという気がしています。
・少子化の原因は、女性の高学歴化だそうです。多くの先進国も同様の経過を辿っています。
・「女性の子育てと両立した働きやすさの向上や希望を感じる社会づくり」が必要ということもありますが、「男女の平等感」が、人間の動物自然生態から乖離し過ぎると起こるのかもしれない自己否定現象ではないかという気もしています。
・都市計画的には、適正人口についてそろそろ議論され出しているようです。都市基盤を維持するのに5000万人とも1億人とも言われますが、私自身もう少し勉強しないといけません。
・そんなところですが、それがまちづくり3法が改正されて以来、地方部で打ち合わせをすると、必ずと言って良いほど「地方の切捨て」という言葉が聞かれました。確かに人口論から言えば、もうこれ以上基盤を増やす時期ではないのは事実ですが、人より車の数のほうが多いような地域で旧市街に集まれと言うのも少し乱暴な話だと思います。
・まちづくり3法の改正は、自民党公明党の圧勝のドサクサで強行してしまった改正ですが、政府にとっては今回の選挙での大敗という大きなツケを払ったことになるかもしれません。

前置きはこのくらいにして、、


建設一般の解答の大枠を再現してみました。(ちなみに、建設一般だけは、「はじめに--おわりに」という書き方をしています。)
下の問題を答えました。今年は白書のサブタイトルそのものだったのですが、勉強不足で白書とはずいぶん違うことを書いたようです。自分ではギリギリ60点はいけてるかなというところですが、皆さんに採点頂くとありがたいのですが、いかがでしょう。

※やっぱり、試験当日は、とりあえず埋めてしまうと「出来たような」気になるようです。冷静に考えると、少なからず問題を感じます。だんだん心配になって来ました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅱ-1.
産業構造の変化等により、人口減少にある地域における社会資本整備の課題を挙げ、厳しい税制制約の下で、地域の活性化を図っていくための社会資本整備のあり方について、具体的に示しあなたの意見を述べよ。


1、はじめに(社会資本整備の基本的な課題)

一次産業・二次産業の空洞化・人口減少・巨大地震の脅威の高まり・地球温暖化問題・そして地域活力の停滞
といった情勢変化と見極めについて述べる。・・・・・(全般の前提を書きました)・・・
そのうえで、
①時代情勢の課題を克服するための持続的可能な発展の基礎となる社会資本整備
②地域個性を活かした活性化を支援する社会資本整備

を課題とした。

2、社会資本整備方策と私の意見

①持続可能な発展の基礎となる社会資本整備
①ー1、コンパクトな市街地の形成
10年程度で、全国的にも世帯数までもが減少に転じる見込みである。このことは、土地利用に致命的な影響を与える可能性がある。市街地の荒廃や供給処理施設を含む都市基盤の維持コストの急増である。都市基盤を効率的に維持可能な適正人口への収束は多方面の研究と政策手段を見極めねばならないが、コンパクトな市街地への集約的コントロールが求められる。
具体には(市街地拡大の抑制・中心市街地活性化・特別用途地域や特定用途制限地域の指定、開発促進地区計画などの運用による計画的な拠点形成)←それぞれ簡単に、運用の要点をコメントしました。
①ー2、相乗効果の高い整備の推進
単品整備から地域づくりのストーリーに基づいたパッケージ型の整備への転換
政策評価・事業評価の導入と事業量の評価からアウトカム評価への転換
などが求められる。
(具体には、地域再生計画をはじめとする各種交付金制度の適切な運用、景観形成総合支援事業などストーリーに基づいた補助事業の適切な運用、すなわち、事業相互の相乗性評価を加えた、波及性の高いパッケージ型整備の推進)
①ー3、重点事業の明確化
時代情勢を見極め、課題を克服するための事業の重点化が求められる。
(・巨大地震の脅威の高まりに対する災害に強いまちづくり・高齢化社会に対応したバリアフリー・継続的で確実な推進が求められる地球温暖化対策など)

②地域個性による活性化の支援
②ー1、地域個性の再評価と活用
多くの構造物が維持更新の時期を迎えつつある。また、量から質へ地域地区に応じた都市基盤の高質化が求められる。
これらの更新整備に向けて、景観・環境・歴史文化資源の再評価、地域個性をテーマとした社会資本整備、観光や産業などに波及性の高い整備を期待される。
(景観計画とタイアップして地区景観の整備と景観形成総合支援事業などの活用・世界遺産、重要文化的景観制度など新たな歴史性の評価に着目した整備・中心市街地活性化とバリアフリーの観点による歩いて暮らせるまちづくり・などの基礎的な視点に加えて地域個性を掘り下げた独自のテーマによる整備が求められる。)

②-2、ローカルルールの重視
1.5車線道路やバス運行の規制緩和など地域の特性に応じたニーズに弾力的に答える整備も求められる。観光や産業活動などを公の空間で地域に応じた方法で支援する規制緩和方策の導入も検討の対象となる。
(ローカルルールの確立と運用・構造改革特区制度による規制緩和・まちづくり条例などの支援)

②ー3、多様な主体の参画を支援する社会資本整備の推進
住民・企業・NOP他多様な主体の参画による地域づくりと地域メンテナンスを支援
社会資本整備を担当する我々へのソフト領域への役割の期待は高く、協働の地域づくりの研鑽と実践そして手法の洗練が求められる。
(PIの導入・企業のCSR活動の推進・まちづくり協議会推進・景観整備機構や緑地管理機構などの活用・指定管理者制度の運用・事業コンペ方式の導入・コミュニティビジネスへの支援・地域ブランド開発支援等々及びこれらとタイアップした社会資本整備の推進)

3、おわりに
地域活力の停滞は重大な問題であるが、社会資本整備の観点で出せる答えには限界があり、様々な領域と協力した取り組みが必要である。また、人口減少下における土地利用コントロールは社会基盤の基礎的な懸案事項である。人口動態を見通し市街化の抑制を行うことは、モータリゼーションの進展した地方部の活力停滞を招く可能性をも孕む両刃の剣であることを忘れてはならない。
地域の活性化は、自己責任も伴うものであり、「選ばれる地域づくり」の競争でもある。私は、今後も研鑽を重ね、地域の自立的発展を促し支援することも念頭に置き、社会資本整備に全力で貢献する所存である。
結果は、分かりませんが
書けたように思います。
なかなか、19年度からの新問題、おもしろいです。
端的に言うと、
はじめに、、、、
終わりに、、、、
というような無駄な解答は不要ということです。
600字3枚、今までと同じ分量のようですが、求められる中身が、ほぼ、倍増です。
いい試験になってきたように思います。
とにかく、
技術士試験で、自分の考えを充実して書けたのは、初めてです。
良い傾向です。

技術士も、これからが、おもしろいかもしれません。
今日の総監では、BCPが出たらしいです。
ということで、安全安心のソフト大綱の復習をしておきました。

さて、もう寝ます。
今日は、総監をサボったので14000円の休日です。
体調、1番
準備は、そう、、
思いもよらない質問にも頭が真っ白にならないように
脳のリラクゼーションと集中力の訓練ですね。
よく考えると、毎年そうですが
この直前まで、準備らしい準備は出来ていません。
今日から直前の特訓をすることにしました。
下の出題を想定しました。ヤマが外れたら外れた時のことです。何とかなるでしょう。

直前の訓練は次のような感じですね
①各出題毎に、基本的な認識が条件反射で出てくること。
②各出題について、多角的に幅を広げて具体の課題と解決方策をイメージし、ノートにメモを重ねること。
③応用力のある「はじめに」の文章を3つ程度用意し、叩き込む。

まあ、どこまで洗練出来るか。
やるだけやって、当日は火事場のばか力ですね。

(専門記述試験で想定した出題
 建設部門-科目:建設環境-専門とする事項:生活環境の創出)

ヒートアイランド対策

景観
循環型社会・リサイクル技術
環境の保全と再生にかかる住民などの役割
自然との共生



(建設一般記述試験で想定した出題)

防災
少子高齢化
活力ある地域づくり
地球温暖化
維持管理
品質確保
合意形成・アカウンタビリティ


短期決戦型の皆様、諦めずにがんばりましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。