技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、プロポの特定通知が2つ
色々あっても。ま、取れれば良しとしよう。
スポンサーサイト
(お盆も中途半端に終わって、いつの間にか、あわただしい日々に戻っています。)
このところプロポーザルや来年度向けの予算取りの提案などと併せると、日々の半分以上営業的な仕事になっています。総合計画・都市計画など地域づくりの計画案件は、このところ増えに増えて、日本中の計画屋が足らなくなるのではないかという勢いですが、現実の受注競争は一向に収まる気配がありません。

(プロポーザルも、半端な提案では絶対に取れません。)
日常の役所へのアプローチがあって、相談を受けて急所が分かっていて初めて特定を狙える土俵に上がることが出来ます。飛び込みのプロポーザルでは、現地踏査は当然で、地域概要程度はまとめてしまうくらい頑張ってもなかなか取れません。また、日常のアプローチでも、地域の概要や都市計画上の特性などは当然把握出来てはじめてコミュニケーションが出来ます。一般的な企画書など無いほうがマシくらいです。このように、厳しい競争下で、様々な地域課題にぶつかることで、鍛えられるのですが、各社がしのぎを削り続けるため、大変な労力を使うこととなっています。

(今日は、飛行機で、ある地方の役所に来年度の仕事の提案に行ってきました。)
しばらく前に見積もり依頼と企画提案が正式に依頼されていたのですが、当社を含めて約10社が依頼を受けて同様にそれぞれが提案をしています。提案の依頼を頂いたことはありがたいのですが、各社互いに、なんとも、もったいない時間と労力を費やしているような気がします。こういう労力が営業経費にカウントされ間接的に公金が充てられる事になり、ザービス残業の増加とともに、コンサル技術者に、いっそうの貧困感をもたらすことになる訳です。貧乏暇無しがますます競争環境を促進してゆきます。

(この話を続けると発注形態の議論に繋がりそうです。)
結局、供給過多がもたらす逆境を感じながらも、私には、この商売しか選択肢が無いように思っています。
技術士試験からこっち、ちょっと、疲れましたね。
今日はこの辺にしておきます。
先の記事で、「①維持管理・更新投資が増大すると見込まれる中で、その現況と課題を述べ、今後の社会資本のあり方について、あなたの意見を述べよ。 」について、総監下克上さんから貴重なコメントを頂き、微妙なニュアンスの違いを感じながら、コメントにお応えしてきました。

このことで、建設一般について次のようなことを思いました。


建設部門は幅が広く、様々な立場で仕事をされています。そういう意味で設問も①②と選択性になっています。しかし、技術領域はさらに幅が広く、解答は、各自の領域からの見解で答えるのが良いのだろうと思われます。
特に、試験官は、口頭試問対応で決められ、ひとりの答案を同じ方が採点する可能性が高く、受験者と同じ科目を専門とする方が試験官となる公算が高いと思われます。そのような事情を考慮すると、やはり、建設一般の応え方は、自分の領域に即して応えたほうが良いだろうと思われます。例えば、私がアセットマネジマントそのもののことを語っても迫力があるはずがありません。PFIも具体には業務で2回ほど関わっただけで、担保の取り方などケースバイケースだと思いますが、公共にとって本当に経済的なのかどうか疑問に思っています。口頭試問で突っ込まれたら撃沈です。
来年度からは、建設一般の論文だけで十分な時間が与えられます。従来のキーワードを並べるだけでも、かろうじてクリアしたようなことは、今後は期待できないかもしれません。
ますます、ストーリーが重要視されることは間違いありません。どういう政策領域でどのようなアプローチで、どのような社会課題への貢献を期待するのかといったストーリーが重要になるように思います。
少し、考えてみましたが、次のような事ではないかと思います。


○下克上さんは、何を御専門にされているか分かりませんが、道路か構造物か?代表的な建設屋さんでしょうか?
キーワードとして、PFIやストック活用・アセットマネジメントをキーワードに上げられました。
(コスト削減に繋がるキーワードであることは分かりますが、ストーリー性を持たせて政策として効果を明確にするのは、正直に言って、PFIもアセットマネジメントも自信ありません。私には難しいです。)

○私は、都市計画屋ですから、都市の維持管理・更新投資という課題に密集市街地対策のソフト化へのシフトに焦点を当て、中心市街地の活性化や都市再生への展望を落としどころにしようとします。

○緑化政策・公園の方なら、既存公園のリニューアルの課題と緑や景観整備への期待と認識の高まりなどを背景としながら、高まる維持管理コストの課題に焦点をあて、リニューアルには、ストック活用と近自然型工法など、事業手法面には、16年緑関連の法改正による規制緩和と弾力化を材料としながら住民参加による公園づくりやNPOや協議会組織の育成と連携など具体の展開に言及し、住民の主体的な地域づくりをおとしどころに出来るのではないでしょうか。

○もし建設環境や砂防の方なら、植林の発育過剰による土砂被害の急増や河川環境の悪化を背景として、森林の適切な維持管理更新・投資の増大に着目し、緊急的な点検の重要性と「コンクリート構造物中心のハード対策」から「自然共生型等の各種調整型の対策」への転換を主題とし、自然災害の抑止と地球温暖化対策等持続可能な社会の形成への貢献を落としどころにできないでしょうか。


★国土交通白書が建設一般の教科書のように言われており、記載のキーワードが学習の対象となっていたようですが、19年度以降は、もっと各人の認識を明確に持たなければならないように思います。

今年の建設一般は、次のような問いで、安全・安心は出なかったということですが、

①維持管理・更新投資が増大すると見込まれる中で、その現況と課題を述べ、今後の社会資本のあり方について、あなたの意見を述べよ。
②社会資本整備における工事の品質確保に関する方策についてあなたの意見をのべよ。


この設問なら①ですね、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.はじめに
都市の維持及び管理について、南海・東南海地震等をはじめとする自然災害の脅威の高まり、都市再生の要請などから、都市防災対策が緊急的課題である。
都市防災対策は、錯綜する権利関係・上りきった地価を抱える密集市街地などでは、更新投資の増大がネックになっており、20世紀の負の遺産と言われるほどに立ち遅れている。
上述の対応の緊急性に対して、更新投資を抑えながら効果の高い防災対策を進める必要がある。本稿では、選択的集中的なハード事業の投入とソフト施策をクローズアップした新たな防災対策の課題と対応について述べる。


(ということで、下の7/02に私が公開した主旨で論文を続ければ良いのだと思います。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2.安全・安心な地域づくりの推進に向けて
①災害時および平常時における広報等ソフト対策の改善
②応急その他防災業務の継続的な取り組み(BCP)
③自主・共助・公助による地域防災力の強化
④その他高まる課題

3.おわりに
 都市防災対策では、限られた投資枠を前提に、BCPなどチャレンジ領域も含めて技術を最適化し、進行的に管理し続けなければならない。建設コンサルタントの一員として、人命にも関わる防災技術については、ハード・ソフト双方において最大限の貢献を目指すべきと考えている。また、特にソフト対策面では、官民協働の中で新たなマネージメント能力が求められる領域であり、コンサルタントとして、今後もさらなる研鑽を重ね、積極的に取り組む所存である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流石に②の工事の品質確保については、「安全・安心のソフト大綱」で答える訳にはいきませんが、もともと、国土交通省のソフト大綱の本意は①の典型的な施策だと思われます。
つまり、そのものズバリではありませんが、私の予想解答の主旨を信じて用意された方は、容易に上のように答えられたはずです。

総監の予想は外れましたが、建設一般は、概ね当たりにしてもらえますか!

しかし、今日はサボっちゃいましたが、建設一般は、②も総監の問題のようで、イケルような気がしますね。ま、他の準備が全然出来てなかったので、さぼっちゃいましたが、、
今年の総監は大幅に、簡単になる!
って宣言していましたが、

外れたと言ってよいでしょう。スイマセン。。

論文は、17年度並に変形して出題されましたし、五択も、青本以外からの出題も多く、総監創設時代の13から15年のような常識問題はほとんどありません。

五択も、APECさんの臨時掲示板を見ながら、私の解答を再検討してみましたが、どうやら60点を切っているようです。
信じ難いですが、どう考えても55点前後です。
今、考えると「分かっていたはずなのに!」というのがたくさんあります。論文の設問を先に見てしまって、アセリの気持ちが影響したようです。
後は、論文が、どれだけカバーしてくれるかにかかっています。
(実は、昨年の建設部門でも建設一般の五択は8/15で約53点でした。論文に救われました。)こういうこともありますので、まだあきらめてはいませんが、、、、

危ない危ない、ダメかもしれない。。ダメなような気がする。。

大幅に簡単どころか、私にとっては充分過ぎるほど難しくなってます。自分の予想に腹が立ってきました。
エイ、コンチクショ~メ!無責任ヤロ~メ!
情けない

お恥ずかしいことです。
まあ、一夜漬けのようなものですから仕方ないのですが
仕方が無いので、サッサと論文の概略を復元して
楽観的に、11月の朗報を待つことにします。

そうは言っても、
私の論文は、一応、題意に沿って答えたし、用紙もめいっぱい埋めたし、各々3つ以上の管理項目とかいう条件もクリアしているし、Ⅱ-(2)は、多分、まあまあだし、
多分、おそらく、イヤ確実に、70点は超えるはずなんで
合計60点ちょうど合格でいいので、よろしく
成績は悪くとも、面接は面接で、何とかしますから、よろしく
何とか拾いあげてほしいものです。

総監は、この勢いで、さらに難しくなり続けるのでしょうか、、

五択を再検討して、一気にブルーになっています。
文章の色も昨日の「赤」から「青」に変えました。


総監の試験に行ってきました。

問Ⅱ.の構成を考えるのに、20分ほどロスしました。おかげで、書き終えたのは4時28分です。残2分、、ギリギリでした。

・内容が、いいかどうかは疑問ですが、一応埋まりました。
珍しく、5枚とも1行も残さず埋まりました。

・Ⅱ-(1)は、ホントの即興の羅列で、レベル的に危ないですが、Ⅱ-(2)の工程管理を解消する人材の調達については、マトリックス型プロジェクトへのシフトを手段として設定し、これによって新たに顕現する管理課題に焦点をあてました。ここは、イケテルかなって思っています。

・それと、こういう問題だと、「おわりに」のところで、これからもがんばりますって、書く余裕が無いですね。私は、最後の一行で「以上、今後も研鑽し、全力で社会に貢献する所存である。」とだけ書きました。これで、いっぱいいっぱいですね。

・また、五択は、スピーディに出来たのですが、全く自信が無いです。

・とにかく、総監完了!
ダメなら、また来年です。。

明日は、高い休日(道路をキャンセルしますから14000円の休日です。)になります。

さあ、次は、放置していたAPECエンジニアの英訳の続きをやってしまうか!実は、5月の申請には、間に合わなかったのです。11月までに出してしまわないと、、、
また、11月には、RCCM(建設環境)もあります。
明日は、ひさびさ、ゆっくりします。
総合技術監理試験の勉強では、五択対策に多くの労力が割かれ個別管理技術に関する知見を高めることが中心になりがちです。

しかしながら、それらの個別技術を総合すること、つまり、個別技術をいかに適切に組み合わせあるいは連動させて効果を出すか、また、トレードオフの関係にどのように対処するかが本質であろうと思われます。

そういう意味では、青本に頼り過ぎずに、自分の仕事や社会を振り返り、また、日常においても心がけ、自分で考えることが重要だ思うようになった次第です。

青本に書いてあることを書かないと得点にならないという考え方では総合技術監理にはならないのだろう
青本は、総合技術監理を自分で考える材料であり糸口なのだろう

ほとんど一夜漬けですが、試験勉強を通して、
試験の当日になって、そのような「当たり前」のことを思いました。

では、がんばってまいります。
<総監受験まで、最後の1日が始まりました。
今日は、お休みを頂きました。

試験は、明日ですので、必然的に最も効果的な環境の1日ということになります。

さて、試験グッズを揃えて、図書館に行ってきます。


ちなみに、試験グッズは、

・技術士会九州支部テキスト
・五択過去問集
・論文用紙30枚

・ウエストポーチ
(リングカード一式、準備済み論文原稿-17年バージョン1種類、応用論文の模範答案集-参考書抜粋4年分、在中)



去年も前日は図書館でした。
すぐに集中力がくじけるのですが、小学生達も殊勝に勉強しているのが見えて、
おじちゃんもがんばりますって、、とても励みになります。。

では、では、
残りあと2日というところで、やっと書いてみました。もちろん17年バージョンです。

良いか、どうか分かりませんが、

5つの個別管理をABCDEだとして、
例えばABふたつの管理分野がトレードオフの関係にある場合に、Cの管理技術によってこれを解決する。という考え方をしました。
そのことで、派生的に「さらに効果が上がること」や「逆に軽微ながらも課題が発生する」。軽微な課題には、相応の管理技術をこれにあてて解決し、
トータルでは、相乗的に改善しながら課題を解決する。
というあらすじです。


世間の17年やそれ以前の答案例をみて、イマイチしっくり来なかったのですが、昔の自分の経験を色々思い出していて、やっと何とか組み立てて論文が出来ました。まだ、推敲もしていません。これから大筋程度は記憶しないといけませんね。

まあ、絶対に通ると思いたいですが、、、、分かりません。

今更、皆さんとっくに出来ているはずですので迷惑でしょうけれど、せっかくですので、恥ずかしながら、、組み立てだけでも御紹介しておきます。

--------------
1、業務概要

○○○

2、個別管理領域の課題について述べる。

①A

②B

③C

3、管理課題について
個別にも述べたようにAとBは、このようにトレードオフの関係にあり、Cも重要な課題である。

-----------------
4、あるべき判断と実施すべき対応

先の管理課題の内、ABのトレードオフの関係が抜本的な課題であったが、Cをこう判断し実施することによって、このように解消した。
そのうえで、各管理領域のあるべき判断と実施すべき対応について、業務のうえで具体に実施した内容を述べる。

①A
Cによって、さらにAは、このように改善された。

②B
Bについては、Cによって、こういう課題が連鎖的に発生したが、こういう手法で解決した。

③C
Cの概要は4、の冒頭でも述べたが、具体にはこのような手法で実施した。しかし、Cを実施するためにはDが重要となった。

④D
Dについては、こういうことに配慮しこの手法を用いて対応した。

5、おわりに
個別管理は、本業務のように相互に複雑に関係しあうものであると考えられる。本業務におけるふたつの個別管理におけるトレードオフの課題は第3の個別管理によって解決し、軽微な課題を生み出しながらも、総合的にはそれを上回る相乗的な効果をあげることが出来た。
社会の潮流は都市化社会から都市型社会に変貌しており、多様な価値観・複雑な権利関係・少子高齢化等によって、私達コンサルタントの職務も、さらに困難な課題に直面することになろう。総合的な監理技術をはじめとする研鑽をさらに積みながら、地域社会に全力で貢献する所存である。

-----------------


お粗末でした。。。

さて、あと2日
今日、プロポーザルを2本提出し、ヒアリングは来週です。
何とか、試験に向けて集中体制を取れそうです。

先週から、かろうじて
五択対策カード(リングで閉じるメモカード)を作成しました。
総合技術監理では、昨年の建設一般の時に用意したカードのほぼ5倍くらいのボリュームになりました。
青本の既出箇所ほぼ全てを網羅したものとなってしまいました。

しかし、まだ、条件反射の訓練をしただけで、理解が全く足りません。
明日とかに余分な予定が入らなければ、直前は休みを取る予定です。、

残りわずか、いまごろから、何やってんのかって感じですが、論文対策に集中します。

忙しかったから取れなかったなんて、不細工な言い訳しても仕方ない。
とにかく、試験まで、いかに本気で集中力を持続させるかってとこですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。