技術士(総合技術監理部門・建設部門)・RCCMなど資格取得の「らくちん必殺技?」の完成を目指すブログです。
くそっ!

もうすぐ(たぶん)技術士だというのに
まだ技術士ではない。

また、RCCMで実績をゴージャスに表現するなど工夫してしのがねばならない。

情けない。。。
スポンサーサイト
仕事は、激務というより綱渡り
病み上がりでも何とか、この年度末を乗り切らねば

ところで、合併自治体向けのレポートを作っていて、今年度の専門試験の問題をふと思い出しました。
「中心市街地の人口を増やすための都市計画手法について」というような内容だったと思うけれど、、
実際のところ難しい問題ですね。
私は、適当に思いつくままに住宅供給・住環境・バリアフリー・商業活性化などに関する事業手法を並べて、それに線引きの話を少しして総合的に云々というようなことをに書いただけで済ましたのですが、、、(とりあえずAでしたが、自分で言うのもなんですが、カスのような内容です。)
中心市街地の活性化などを再度見直すために、今春、まちづくり3法も改正されるようですが、このようなことがどこまで有効なのでしょうか?
10,000平方m以上の商業施設ねェ~?少し小ぶりにすれば良いということですから、分割作戦で立地されたら仕方ないですね
自民党・公明党で一気に法案を通そうということらしいですが
恐縮ですが、単純で強行すぎはしませんか?
準都市計画区域の指定も都市計画区域外で森林地域以外全てってことらしいですが、どだいポテンシャルの無いところには打てないでしょ
そういう検討も仕事になるのでしょうね?私はありがたいですがね??

また、中心市街地の多くは密集市街地を抱えた老朽市街でもあります。
このほど、耐震改修促進法も改正されて建築の改修事業は進む見通し、、、
とは言うものの、これも、東南海・南海地震などの懸念に対する緊急対応でしかありません。

そうは言っても、こういうことを、コツコツ積み上げて、、景観法や住宅施策を推進力に使いながら中心市街地を更新して行くのですかね、簡単には人口が増えるところまではいきそうにありません、、実に難しい。
当然住民参加ですが、きれいごとではすまされませんね。
さあ、ボツボツがんばるか!


追伸のようなことですが、
私は、もう少し、産業について考えないといけないような気がします。農業は、超零細のままでほとんどが水稲単作2種兼業状態。
工業は、1990年代から工業生産力の移転による空洞化が地方の隅々まで一気に進展してしまった。
まだまだ、貿易黒字というものの、
要するに、日本人が働かなくても慢性的に生産過多の状態になっている。
英語もしゃべれない日本人が世界の三次産業を支えられるはずもない。
リストラが横行し、多少失礼な言い方をしますが、非正規雇用の軽労働の方ばかりが増えている。
こういう問題の整理をせずに土地利用制度ばかりパズルのように触ってもなかなか答えになりにくいという思いが常にあります。
ここら辺が、イマイチ明快な道が見えません。
もちろん、イロイロ「ロボットを活かしたまちづくり」とか、、まちぐるみの産業展開プランとか考えたり模索もしていますが、基本的な方向と手法が分かっていません。
〇風邪薬を飲んで、ブラブラとネットサーフしていると、やっと熱も冷めてきたようです。
〇九州人さんのブログ(先のコメント欄参照)や町役場職員さんのブログ(先のトラックバック参照)など、たくさんの技術士関係のページを見ていくと、この景気の悪い中で皆さんがんばられているなあと改めて感心しました。

(弊社ではリストラの嵐が吹き荒れそうです!、中でも、かせぎの悪い都市計画屋は肩身が狭く、資格の取得も死活問題です。資格を取ったからと言って何の保障もありませんが、、私も、実は相当危なかったのですが、今年度あたりから市町村合併のマスタープラン需要でなんとか持ち直しています。この期に及んでは、いきなり技術士を山ほど取り続けるとか、大学の非常勤講師になるとか、自治体の都市計画審議会の委員になるとか、大学の先生と本を書くとか、社会人大学院に行ってMBAを取るとか、そういう意義の疑わしいアクロバティングなことでもしないと、先行き危ないかもしれません。倫理的にヒンシュクに近いことを書いていますが、現実は厳しいのです。アア、ばかばかしいことで、、地域づくりの本質と何の関係も無いことを書いています。。)

〇ブログなどを拝見していても、現実に複数の部門の技術士を取得されている方も多く、大変な時代だなあと思います。確かに、国土交通省や環境省のプロポーザルでは、プランニングの仕事であっても、「都市及び地方計画」よりも、「道路」や「河川砂防及び海岸」・「環境部門の自然環境保全」などを求められる場合が多いのが実情です。ひとつでは足らないし、出来れば総監がベストのようです。くだらん現実です。


〇ともあれ、病み上がりの、明日からの激務が予想されます。もう寝ます。
この土日は、ある役所に頼まれた勉強会のパワーポイントを作ろうと思っていましたが、風邪をひいてしまいました。

勉強会といっても技術士とは直接関係ありません。
合併がらみで出てくる課題にどのように対処してゆくか、他の自治体の例など含めて紹介してくれというような御依頼にお応えするといったことです。
最近、特に合併自治体の方から同様のお話を頂くことが多くなっています。実際のところ、財政的にも難しい中で特例債はあるものの課題だらけの合併がドンドンすすんでいるのが実情です。また、三位一体の改革の影響で補助金から交付金へと制度ばかりが複雑になっていっています。合併自治体の皆さん気苦労も含めて本当に苦労されていると思われます。苦労のひとつひとつが地域づくりの契機になれば良いのですが、、

私自身は、コンサル業ですので、そういうサポートをさせて頂きます。色々な役所で計画づくりの実務も含めて議論できたりすることは、このうえなく頭を活性化させるのですが、、現実には、年度末ともなると連日出張して、会社に帰ってから資料作りを繰り返す毎日です。
グチを言っているのではありませんが、そういう感じでギリギリ走り続けてるって感じです。

今日は風邪をこじらせてしまって、のどが痛くて痛くて、、明日から、、連日、出張と作業の予定ですが、、今日仕事出来なかった分をどう埋めようか、、
割り切って、効率よく、少し淡白めにこなすしかないのですが、勉強会のプレゼンは絶対に失敗出来ません。


まあ、今日は集中して休んで、風邪を治しきるか!(市販の風邪薬3錠・ロキソニン1錠・抗生物質1錠・タカジア錠4錠を飲みました。)


まあ、私の場合には、「都市及び地方計画」は、この2月10日の発表待ちですが、、こういう色々なお話にお応えするためにも何としても通っていないと格好が悪い訳です。

実は、完全に通っているという自信があったのですが、近づいてくるに従って不安が募る毎日です。すぐに技術士登録が出来るように、発表の前に「登録の手引き」を買いに行こうかと思っていたところです。やめとこうかどうしよう??
うーん、しかし
こういうブログを書いている時間があれば、参考書のひとつでも読んでみればよいとも思うのだが、、
とりあえず、2月10日の発表が気になりだしています。


まあ、大枠の作戦として、
2月10日を過ぎてから、総監の勉強に本腰を入れることにしようと、、
ということで
まあまあまあ、、、、、、、、、、、、


実は、都市計画法の改正とか、合併自治体の都市計画区域とか、景観法の景観計画とか、耐震改修促進計画とか、行政評価とか、産業育成のまちづくりとか、、、最近勉強課題が増えており、実は総監技術士のお勉強どころじゃありません。

なんとか、うまく勉強しないと、、

正直ところ、全く勉強が進んでいません。
このようなブログを立ち上げてもイマイチです。
このところ、仕事がめちゃくちゃ忙しくなってきており倒れそうです。
連日の出張と、帰社後の資料作りが続いています。
「貧乏暇なし」とはまさにこのことです。

この調子で行くと、まともに勉強にかかれるのはゴールデンウィーク明けになりそうです。

それはそうと、今年度受験した建設部門の合否発表が近づいているせいか、移動中の車の中などで、技術士の話題がよく出ます。

技術士を持っている人も持っていない人も、勉強の仕方など聞くとヤマを貼って丸暗記したとか、5択がクダランとか、いずれにせよ大変な苦労話をされますが、
総監については、、いまひとつ、これを勉強したというような答えが返ってきません。
何となく、、あやふやなのです。たぶん、試験のための技術という性格が強く、要するにばかばかしい勉強であったのではないかと思われます。

まあ、ばかばかしくても超えなければならないハードルもありますし、試験勉強とは別に、日常の仕事をトレードオフの観点でもう一度考え直すのも良いかもしれません。


せっかく、ブログを立ち上げて、
しばらく前に参考書も、まあまあ揃えたのですが
どうも、勉強に入れません。
実務が忙しいというのも事実ですが
やっぱ、形から入ると言うのは、なんとなく無理があるのか??
切羽詰ってからでは遅いというのは十分に分かっているのですが、、
あまり、不勉強だと、ここに書くこともありませんから、、
ま、このブログ、、タイトルもタイトルなんで、、

明日は、朝の電車の中で参考書を読んでみます。


では、では、、
去年の8月に建設部門「都市及び地方計画」で、技術士を受け、何とか筆記試験を通りました。12月に口答試験を受け、まだ、分かりませんが、2月の合格発表に期待しているところです。仕事の事情で専門をしばらく離れていたこともあり技術士試験は久々に受験したのですが、この経緯を通して次のようなことを感じています。18年度は総合技術監理部門を目指しています。

1.参考書は、たくさん買いました。実際の勉強より形から入ったと言う感じですが、どちらかというと技術士試験の輪郭を掴みました。インターネットの情報も含めてたくさん読んだことがイメージトレーニングになっているように思います。
2.5択は、一応、5年分やったのですが、イマイチ習得出来ませんでした。実際の試験では、答え合わせすると8/15でした。イマイチです。建設一般の論文に救われました。
3.建設一般は、国土交通白書を読むというのが通説ですが、サブタイトルから出題される傾向が強いということで、私は実際のところ読めていませんでした。
4.口頭試問は、私の場合には質問もすなおで好意的な印象でしたが、他の人に聞くとかなり突っ込まれる場合もあるようです。とりあえず、私の試験管ありがたかったです。

というようなことで、技術士支援に関しては、他で、なかなか立派なホームページがあり、もちろん私も参考にさせて頂いており感謝感激なのですが、少しアプローチを変えて、「出来るだけ効率を心がけて実践しながら、ぼちぼちと勉強するブログ」を書いていこうと思います。

しばらくは、総監の勉強からです。
2月10日の合格発表いかんでは、もう一度、建設部門でやり直しかもしれませんが、、、